人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
タグ
(295)
(62)
(34)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
行列御礼

a0180552_17590225.jpg
「画家ではないので上手くないどころか、不細工にしか描けませんけど、本当に良いのでしょうか?」
「いいのいいの! 不細工がいいの!! お願いしますっ!!!」

そんな、へんてこなやりとりを重ねた二日間。
護国神社蚤の市に出展した「不細工すぎる似顔絵とそのための額」は、おかげ様でトイレへ行く暇もないまま、好評のうちに終了いたしました。

初めて会う人達の垣間見る人生。首も座らない生後3ヶ月の赤ちゃんから、小学生の時に終戦を向かえた80歳のおじいちゃんまで、たくさん不細工な似顔絵を描かせて頂きました。まるでNHKの『ドキュメント72時間』を体験してしまったような気分です。

そして手元には記録用にと撮影した、似顔絵を持って写るお客様達の写真が残りました。
どれも初対面の私へ向けているとは思えない満面の笑みが写っていて、帰宅後に感動してしまった次第です。

似顔絵を依頼してくださった皆様、本当にありがとうございました。私も心の底から楽しかったです。チャンスがあれば来年も描き描きしたいと思います。


【コバヤシ】


[PR]
# by hitonochikara | 2017-05-24 05:24 | オシゴト | Comments(0)
クラシノ ノミノイチVol.5

a0180552_15405696.jpg
前回は「古瓶屋」でしたが、今回は「不細工すぎる似顔絵とそのための額」。
ヒトチカは護国神社 蚤の市に出展いたします。

参道中央広場のクラシノブースの中で、名刺サイズの似顔絵と専用の額を販売。
設計で培ったヒアリングスキルを駆使して、質問をしながら不細工な似顔絵を描き描きします。内面をえぐり出すように、人生が透けて見えるように、真摯に描かせていただきます。
あわせて50人の建築家の似顔絵も販売しますので、興味のある方はぜひお越しください。

■第28回 護国神社蚤の市
期間:2017年5月20日~5月21日
時間:9:00~16:00(雨天決行)
会場:福岡市中央区六本松1-1-1 福岡県護国神社参道
URL:http://g-nominoichi.petit.cc/banana/

■クラシノノミノイチ Vol.5
URL:http://www.forzakyushu.com/blog/?p=5571


【コバヤシ】


[PR]
# by hitonochikara | 2017-05-17 15:17 | オシゴト | Comments(0)
新緑と鶯とお昼ご飯

待合せの駅には、ジャケットを着た現場監督のOさん。ゴルフが趣味と会って、おしゃれな色合わせです。つづいて、プロトハウス事務局の桑原さん夫妻が登場。颯爽とお花を持って現れました。

この日は、再会を喜ぶ会話で中々はじまりませんでしたが、【yne】の半年点検を行いました。いつものように点検しながら暮らし方も拝見していきます。その中で印象的だったのが、1階と2階のダブルリビング。将来の子供部屋をそれまでの家具でしつらえて、もう一つの居場所を発生させた読み替えのデザインです。

a0180552_05582587.jpg
それから楽しみにしていた再会の点検ランチ。
半年会わなかったら、話すことがたまっているようで。美味しい料理とはずむ会話で去りがたく、デッキカウンターでデザートを頂きながら、時間が許されるまでのんびりさせていただきました。

気がづけば、ヒトチカにとっての休暇とは、施主様にご飯かお酒をいただく時になっております。施主のみなさま、本当にありがとうございます。お恥ずかしい話ですが、私達にとってあの時間だけは、ゆっくりできるひとときのようです。


【コバヤシ】
Y様、駅までの送迎、美味しい食事とデザート、ありがとうございました。
次回は撮影ですね!よろしくお願いいたします。


[PR]
# by hitonochikara | 2017-05-10 05:10 | オシゴト | Comments(0)
上杉満代の舞踏

偶然。
打合先で舞踏のちらしを手に取った。

偶然。
その日の夕方は空いていて、ダメもとで観覧したいとお願いに上がった。
やはり満席だったが、リハーサル中だった舞踏家は「観たいの?」と訊ねた。
優しい表情に潜む迫力。
気圧されながらも「はい!」とお願いした。

a0180552_19331531.jpg
その晩はじめて、上杉満代の舞を体験した。
立ち見という条件だったのに、椅子を用意してくださって。
ありがたく目の前で、彼女の骨と肉が動くさまを凝視した。

1㎜を、大切に動く。
比べても仕方ないが、私の日常は緩慢だった。

刹那。
銀の遺灰を足が払う。美しく灰が散った。
「動かない」からの「早い動き」は閃光で。
型ともとれるその動作は、それまでと異なり、抜刀のようだった。

躍って生きるとはどういうことなのだろう。
彼女は古いドレスで、滅ぶように舞っていた。



【コバヤシ】


[PR]
# by hitonochikara | 2017-05-03 17:03 | コバヤシの日々 | Comments(0)
第20回木材活用コンクール 和の文化賞

a0180552_00160982.jpg
ミラノへ行く準備をしている時に朗報が飛び込んできました。
昨年のbudbrand に出展した『kaorimasu』が、日本木材青壮年団体連合会の主催する第20回木材活用コンクールにおいて「和の文化賞」という特別賞をいただきました。

このコンクールは主に建築を応募対象としているにも関わらず、あの小さな枡が受賞できたことは嬉しい驚きです。実際に他の受賞作品を見ても、駅舎や学校など施設系がひしめいています。田中工藝社さん、もんちゃん、やりましたね!おめでとうございます。

■第20回木材活用コンクール受賞作品
https://www.mokuseiren.jp/mkc/



【コバヤシ】


[PR]
# by hitonochikara | 2017-04-26 04:26 | オシゴト | Comments(0)