人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 06月
2019年 05月
more...
タグ
(372)
(73)
(45)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
最後にたどり着いた平織り
「いろいろ学んでみたものの、結局最後にたどり着いたのは「平織り」でした。」
a0180552_0181657.jpg

これは染色家で織師である、井手絵理子さんの言葉。
彼女は真剣に微笑みながら語ってくれました。

出会ったのは久留米市で行われていた『縁展』。その名にふさわしい縁。
現在、井手さんは大分県前津江で生活しています。
大自然に呑みこまれそうな場所で、日々、山に別け入っては木の実や木の皮、木の根を拾い、我が手で染めた糸で、はた織りしています。

井出さんが特に愛するのは、夜叉五倍子(やしゃぶし)の灰色。
夜叉五倍子とは、もこもこした衣をかぶるどんぐりの一種です。
染めた直後は、凛とした紫らしいのですが、時と共に灰色へ変化するそうです。

そのように染められた糸達は、彼女の手によって一枚の布へ。
最も単純な織り方である平織りが、いっそう糸達の個性を際立たせています。
それは抽象画のように、見る人、触れる人の心と奥の部分で向かい会います。

こういう勝負ができる人がいるのだ。

だからという訳ではないのですが、井出さんの半生も面白い人生。
久留米に遠征してきたその日でさえ、映画のようなお話でした。
聞いていると、まるで『かもめ食堂』を観た時のように、心が静かに揺さぶられました。

また会いたい人に出会いました。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2012-11-30 08:10 | コバヤシの日々 | Comments(0)
<< 喜ばれるカフェのある生活 豊かさ >>