人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 06月
2019年 05月
more...
タグ
(372)
(73)
(45)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
音楽とコミュニケーション
音楽とコミュニケーション_a0180552_10302939.jpg


先日、NPO法人ドネルモさん主催のカンマームジーク(ドイツ語で室内楽)プロジェクトに行ってきました。プロ、アマと楽器を演奏する人口が多い福岡で、身近にあるクラシックの種を育てて、もっと花を咲かせようと室内楽を親しむ場を積み重ねてこられた集大成のコンサートでした。

始まる前に頂いた資料を読んで驚きました。聴き手が求めることと演奏者にできることをお互いに話してみること、大切なのはコミュニケーションとあります。これは対話を重ねてできたコンサートだ!一緒に作ろうと聴き手に耳を傾けてる!

寝る席(寝ても良い席)、読む席(読書しても良い席)、親子席(小さい子供が泣いた時の避難場所)というルールを作ってマナー違反を積極的に許容。オーケストラのコンサートではあり得ない演奏家の皆さんによる「お迎えの音楽」は、アカペラやドゥーワップのBGMで迎えてくれる達郎のライブみたい。前方座席までを舞台に見立てた子供達のダンスもありました。

では、聴き手として自分が求めることは何か?
質問コーナーが欲しい。聴き手に届けたいものは何ですか?うっとり演奏している人の気持ちを知りたい。打楽器メインのクラシックが聴きたい。ドキドキするような強いビートで。手拍子、歌、楽器、一緒に何かをしたい。ニューイヤーコンサートのラデツキー行進曲みたいに。
なんだ、やっぱりコミュニケーションをとりたいのか(笑)

【カタオカ】
by hitonochikara | 2012-12-25 08:26 | カタオカの日々 | Comments(0)
<< mori jikan じわじわくるもの >>