人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
じわじわくるもの
見終わった帰り道のほうが、その意味について反芻していました。
いつまでも白く抽象化されたそれが、脳裏に居座っているのです。


「角(horn)」は何のために存在するのか。


倒すため?
護るため?
誇示するためか?

a0180552_2052998.jpg

千代のヴァルトアートスタジオで開催されていた、耘野康臣さんの『角と暴力』へ行ってきました。

会場にはいると、この地上に実在するさまざまな「角」と向き合わされます。
そしてタイトルに刻まれた「暴力」という言葉がもたらす呪いなのか、正対する私の心に闘争が宿ってくる感覚。
血が沸騰するようなこれは、果たして私の本性なのか。

更にその奥にこっそりと置かれていた「結末(result)」と向き合うことで、すべては消失されます。
それは、沸騰していた感覚が、ロウソクの火のように吹き消されたかのよう。

数分の体験が未だに自分の内部に残っている、思考を引きずる個展でした。


耘野康臣 個展 『角と暴力』
期間:2012年12月05日〜2012年12月22日
時間:12:00〜18:00
会場:ヴァルトアート スタジオ[福岡市博多区千代4-12-2]
HP :http://shuminavi.net/school/wald_art_studio/
TEL:092-633-3989


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2012-12-21 20:07 | コバヤシの日々 | Comments(0)
<< 音楽とコミュニケーション 楽しさ >>