人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
タグ
(348)
(69)
(36)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
再会は成長を経て(前)
せんだって、九州産業大学の建築レクチャーへ参加してきました。
講師は頴原澄子さん。昨年度まで九産大で教鞭をとっていた建築史家です。現在は千葉大学で活躍しています。

今回は『建築保存とデザイン』というテーマで、歴史的建築物とどのように向き合うべきなのか、講演してくださいました。
a0180552_20413468.jpg

中でもイギリスの芸術家ウィリアム・モリスの言葉を再認識し、改修方法を3つに分ける解説は大変勉強になりました。

1.歴史性を残すこと
2.新旧の鮮やかな対比
3.それを生み出した行為に宿る精神と共に生きる

これら3つの考え方は歴史的な建築物に対してだけでなく、古い民家や産業遺産にも当てはまる要項です。
特に集落に現存する民家達は、現代の生活スタイルとの相性が良くありません。
この、常に引っかかっていた問題とどのように向き合うべきか。大きなヒントを頂きました。

そして講演後、近代建築史について勉強している「近代建築乙女」の学生、OBと先生の再会がありました。
学生から先生へ贈られたのは、手づくりの教科書。製本された1990年代の資料の冒頭には、頴原先生が書かれた熱い年代解説が載っています。
(この時のことを、頴原研究室(九産大)のブログでつづってくださっています。ありがとうございます。)

先生、次は2000年代です!

そして来年もぜひ、更に成長した(してるはず)彼らに会いに来てください。


【コバヤシ】
[PR]
by hitonochikara | 2013-02-26 20:42 | ハダシ・デ・パレード | Comments(0)
<< 再会は成長を経て(後) 旅立ちの盃 >>