人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
タグ
(343)
(67)
(36)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
スポンジと月
a0180552_15572872.jpg

ゴールデンウィークが終わり5月中旬に入りました。
連休はざまの平日、お客様が人の力設計室まで、打合せに来て下さいました。この日の打合せのメインは、打合せ後の飲み!ではなくて、どんなキッチンが欲しいのか、収納スペースをメインに、ワークショップで確認です。

・鍋やフライパンはコンロの下に収納したい。
・良く使う調味料は小分けしてコンロのすぐ近くがいい。
・洗い物のときの床に落ちる水しぶきが気になる・・・
・スポンジはどこに置いたらいいんだろう?
・これ、コンニャク???

コバヤシの書いた絵に、ツッコミありがとうございます(笑)
ブラームスの交響曲を聞きながら、暮らし方を考えるところにも話は及び、あっという間に2時間がたっていました。

打合せ後、お疲れ様でしたとお酒を交わしたとき、「月を見る」ことをお聞きしました。仕事が終わられて帰り道に月をご覧になるとのこと。
帰り道に見る月は、独特の角度で見えるんです、と話してくださったときのことが心に残り、酔いの回り始めたコバヤシと月について話しながら事務所に戻りました。
低いところに見える大きな月。
最近そんな月を見てないなぁと思った事務所からの帰り道、少し大きめの月が低いところに見えました。24時を廻っていましたがその日は八十八夜、半月くらいの形のスポンジボブよりも濃い目の月は、その日のことを包み込むような卵の黄身のような色でした。

【カタオカ】
[PR]
by hitonochikara | 2013-05-10 16:11 | オシゴト | Comments(0)
<< 人生は映画のように 映画は日常... ドブカフェ -春のペンキ塗り- >>