人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2020年 02月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 06月
more...
タグ
(373)
(73)
(45)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
なわ流 弱さの強さ
学生から「名和さんが来ますよ!」と教えてもらった時から、楽しみに待っていました。
九産大建築レクチャーシリーズに、構造家の名和研二さんが登場したのです。
なわ流 弱さの強さ_a0180552_1111434.jpg

レクチャーは、いきなり「竹麦魚(ホウボウ)」というカサゴ系の魚の例え話からはじまりました。この魚は胸ビレの軟条が足のように発達しており、海底を歩くことができます。

『一見「何か」に対して弱い状況は1つの特性であり、「何か」を変えることでそれは良い(強い)要素となり、魅力へと変化する。構造のデザインは不利な設計要素を魅力へ変えることができる。』

と名和さんは熱く語っていらっしゃいました。
これを実践するために、名和さんは設計プロセスの最初(平面が決まる前)からコラボレーションするそうです。
なんとも楽しそうです。可能性のスタート地点が違います。
ヒトチカもそんな設計をやってみたい…。

『関わる人達がお互いに高揚することで、限界を超えることができる。』

とさらに名和さんは熱く語っていらっしゃいました。

これって、まさしく「人の力」じゃないですか!


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2013-05-27 09:09 | コバヤシの日々 | Comments(0)
<< 公園を取り戻せ! 人生は映画のように 映画は日常... >>