人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
タグ
(348)
(69)
(36)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
勝ちとるシゴト
6月の八人力は恒例のスタディミーティング。
今回はNPO九州コミュニティ研究所(Crik)へ伺い、耘野康臣理事長にお話を伺いました。
耘野さんとの出会いは『九州建築家バトル』。その怪傑豪腕ぶりに感動したコバヤシが、あたためていた企画がやっと実現したのです。

レクチャーは「耘野さんの仕事」と「ブランディングワークショップ」に分けて行いました。
前半は以前ブログでも紹介した『活気ある公園づくりプロジェクト』や、いろんな「よくなる」別にCSR(企業の社会的責任)と協働についてまとめた『新しい協働のケース100ーこれからの社会活性化のヒント』等の仕事から、「勝ちとる」事の大切さとその方法について、解説して頂きました。
a0180552_0203577.jpg

そして後半は自身のブランディングについて、ワークショップ形式で自分自身のキャッチコピーをつくることに…。
コピーの作り方を丁寧に教わりながら、皆でプレゼン大会!!
出来上がったコピーを、Crikの皆さんに審査してもらい、「コピーは全体性と相対性が求められている」ことを指導して頂きました。
あっという間の2時間終了。もちろんこれで終わらず居酒屋へ(笑)。
面白いことが大好きな八人力には、耘野さんは高質な栄養源です。
日が変わるまで白熱した議論が酌み交わされました。

耘野さん、Crikの皆さん、ありがとうございました。
ぜひ続編もよろしくお願い致します!

「変化しなければプロじゃない。その変化した先の未来をプレゼンするべき。」
-耘野康臣-



【コバヤシ】
[PR]
by hitonochikara | 2013-06-24 06:24 | ハチニンリキ | Comments(0)
<< 建築史家の目 おすすめはソース味 >>