人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
タグ
(343)
(67)
(36)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
みえないしごと
よく「段取り八分、仕上げ二分」と言われます。
これは仕事を進める上で、事前準備の大切さを説いた言葉です。

建築の世界でも、仕事は段取りが大切です。
そして実際の工事でも、最終的には仕上げで隠れてしまう下地次第で、仕上げの質感や耐久性はまったく違ってしまいます。
つまり、丁寧な下地処理が、建築の精度を上げてくれるのです。

たとえば木目を揃えた綺麗な仕口も、塗装してしまうと解らなくなってしまいますが、その丁寧な仕事は、気配として残ります。
この気配をまとってこそ建築は、その本質力を引き出すことができます。
a0180552_19214536.jpg

工事中である【skr】の現場では、内壁の下地胴縁がしっかりと張られており、目透し張りの底目は、見えにくい部分まで塗装してありました。
また階段も側桁と踏板と丁寧に加工してありました。

ちょっと専門用語ばかりでわかりにくいですが、福田建設さんの仕事は、見えなくなってしまう部分にこそこだわりを感じました。
いつも丁寧な工事をしてくださり、ありがとうございます。

時事がら職人さんの手配が難しくなっています。
おかげで工程は押し気味ではありますが(泣)、施主様にもご理解をいただき、丁寧な工事で完成を目指していきます。


【コバヤシ】
[PR]
by hitonochikara | 2014-01-27 01:27 | オシゴト | Comments(0)
<< 同一縮尺に束ねる ジブリ式集落 >>