人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
深夜のり
感極まって、一番手が泣きながら発表。という、いつもの深夜のりで卒業設計講評会がはじまりました。

8名の豪華なクリティークよりも少ない、学生6名のプレゼンテーション。
そして一人あたり、なんと40分!も割り当てられるという…これも深夜のりです。
これで濃厚にならないはずもなく、卒計イベントのファイナリストでも、ここまで贅沢な展開は考えられません。
深夜のり_a0180552_16193871.jpg

最初の涙がよかったのか、会場全体で空気の距離感が縮まっています。
クリティーク陣の役割を意識した辛くて優しい批評に、発表者の眼が輝きます。

なかでも嬉しかったのは、質問に対して発表者が黙ってしまうことなく、自分の言葉で応答していたことです。
今まで矢作先生が与えてくれたチャンスを、経験に変えた彼らの成果です。

手応えがあります。
彼らは、講評会で新しい経験と自信をつみました。各々、モチベーションは満タンまで充填されたことでしょう。
その後の会話からやる気が伝わってきます。そうです、この意気込みのまま学外イベントに挑戦していきましょう。
疲労感は残っていると思うのですが、月曜日からブラッシュアップがはじまりました。
親バカみたいで恥ずかしいですが、学外で更なる結果を掴んで欲しい。と、心から願っています。

あと1ヶ月、製図室に住みましょっ♪


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-02-14 02:14 | ハダシ・デ・パレード | Comments(0)
<< 実験用版築 2014 別大マラソン >>