人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
タグ
(354)
(70)
(41)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
さよならカプチーノ
その日は審査機関の完了検査へ立ち会うために、佐賀へ向かっていた。
車の調子が悪くて修理に出したりしていたのだが、どうもよくない。
直した部品と劣化したままの部品が軋轢をおこしていたようだ。

鳥栖を過ぎたあたりから、苦しそうな音がする。
励ましながら走る。
なんとか大和インターへ到着。それに安心したように、カプは最初の信号で動かなくなった。

大分で出会って、ずっと一緒に走ってきた。
大分の自然は偉大で、屋根をはずして海や山を巡った。
建築がわからなくなって、国東や竹田の集落を周った。

"ちいさいものってかっこいい"

それに気づかせてくれたのもカプだった。
a0180552_0573879.jpg

後日、福岡の工場に戻ってきたから、会いに行った。
荷物を引き取るためと、さよならを言うために。
バッテリーは生きてるから、室内灯は普通につくあたりが不思議で、シートに座っていると、また一緒に走れそうな気がしてくる。

みかねた工場長が「最後にもう一度磨いておくから」と声をかけてくれて、ありがたくて深く頭をさげた。

カプ、今までありがとう。
君が居たから、僕は車で走る楽しさを知れたんだ。


【コバヤシ】
[PR]
by hitonochikara | 2014-03-25 03:25 | コバヤシの日々 | Comments(0)
<< 右手に甕雫 左手に原広司 福岡デザインレビュー2014 >>