人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
タグ
(346)
(68)
(36)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
藤城清治さんの世界
a0180552_0513345.jpg

先日「藤城清治 光と影の世界展」を見に福岡市博物館に行ってきました。
私の藤城さんの作品の記憶は、両親が読んでいた「暮らしの手帳」の表紙です。どちらかと言うと好きな作家さんではなく、潔い線を描くことを苦手としている人間としては、じっくり見ることを避けてきた作家さんの1人でした。
フレームに納まっているけれど、どこまでも続きそうな周りの世界を想像させる作品と、作品が出来上がった後、感極まって涙があふれた藤城さんの姿を日曜美術館で見て以来、気になっていました。

足取りをたどるように展示された作品は、印刷物と全く違いました。切り絵となる最後の線に、たどりつくまでがわかるのです。
どこまでも続きそうだと感じた世界も、覗き込むと本当に続いていて、こういうことだったのか!と嬉しいやら悔しいやら。
卒寿を迎えられてもなお、こびとや動植物と繰り広げる世界は、猫や藤城さんを支えられる方々がいらっしゃる中、黙々と剃刀を持つ藤城さんのアトリエの風景そのものに見えました。4月、5月と会場にお見えになるようですよ。

■藤城清治 光と影の世界展
期間:2014年3月21(金)~5月11日(日)
時間:9:30~17:30(最終入館は17:00まで)休館日:月曜日(5/5は開館、5/7は休館)
会場:福岡市博物館 福岡市早良区百道浜-1-1
料金:一般1400円 高大生800円 小中生500円
URL:http://museum.city.fukuoka.jp/exhibition/tokubetsu.html


【カタオカ】
[PR]
by hitonochikara | 2014-04-11 04:11 | カタオカの日々 | Comments(0)
<< 晴男達 ローカルディテール-007 扉の扉 >>