人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
暮らす活力(前)
暮らす活力(前)_a0180552_20422429.jpg

これは【dbc】の玄関アプローチです。
白い瓶と額縁がリズムをとり、スケールを落としていきます。なめらかで巧妙な配置です。
せんだっての訪問では、その他にもちょっとした工夫が散見でき、ご家族が楽しみながら生活していることが伝わってきました。

住宅は引渡されたその瞬間から、どのように暮らし、どのように変化してゆくのか?
今は、それらを観察し記録することが、コバヤシのライフワークになっています。

かつてユーラシアの集落を旅していたとき、彼らの発する説得力に私は圧倒されてしまいました。もはや近代以降の人間には、そんな地に足を着いたような(作り手の恣意が磨耗したような)形は作れないかもしれないと、呆然とした記憶があります。

しかしながら、こうやって仕事をつづける中で細い光が見えてきました。
それは、わずかな変遷を通して「家族の歴史」を読み取れることに気づけたからです。
設計という対話作業を重ねてつくられた形が、実際に住む中で生きる活力となり、日常を後押ししてゆく。
更にある部分は読み替えられ、日常に沿うような場所となってゆく。

そんなことは当たり前だと思われるかもしれません。
けれども、その(見落としがちな)微小な変化にこそ、形をつくるヒントが隠されていたのです。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-10-21 10:21 | オシゴト | Comments(0)
<< 暮らす活力(後) ベンチに山法師 >>