人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ハレノ舞台 二〇一五
今年も九州産業大学の卒業設計講評会に、クリティークの一人として参加します。

ちょうど20年前になります。コバヤシも大学に泊り込んで卒業設計をしていました。当時の九産大には何ヶ月も泊り込む生徒は皆無で、独りで苦しみながら心も身体も追いこまれ、ボロボロのゴールをした黒歴史…、今思い出しても変な汗がでてきます。
時は変わって現在は、多くの4年生が不夜城な製図室で春から設計に没頭しています。10ヶ月間、今年も様々なドラマがありました。

ハレノ舞台 二〇一五_a0180552_1511568.jpg

そんなわけで今年度も贅沢に全国で活躍する建築家や建築史家をお招きして、卒業設計講評会です。矢作先生の熱血指導を受けられる今の学生は羨ましい、と素直に思います。
成長した彼らを社会へ送り出す晴れ舞台、来週の月曜日は気合注入係として張り切ってきます。

■九州産業大学卒業設計講評会(平成26年度建築学科・住居インテリア設計学科)
日時:2015年2月9日(月) 14:00~18:30
場所:九州産業大学2号館1階 円形ホール

※1.講評会同日10:30より同会場で、長田直之さんのレクチャーも催されます。
  九産大建築レクチャーシリーズvol.16
  『ここ・そこ・あそこ -隣接性と多様性について-』 長田直之


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2015-02-03 16:30 | ハダシ・デ・パレード | Comments(0)
<< 計画学の重み ファン・ルフィノ・カスティージ... >>