人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2014年 01月 22日 ( 1 )
はじめまして レーモンド先生
階段をあがりついた先に、二本の煙突がまっすぐ伸びる。
屋根の反射を受けて、切妻の空間が朱く浮かび上がる。
a0180552_2084339.jpg

アントニン・レーモンドが設計した門司ゴルフ倶楽部「クラブハウス」は、竣工から50年を越えて現役の「愛されている」建築です。
彼の母国であるチェコの民家で使われている小屋組。そしてそれを支える基壇のようなコンクリートの構造体に、伝統と近代の技術が結びついた迫力があります。

ここは便利な建築だから長く使われるわけではありません。愛着のわくかけがえのない建築だから、多少の不便も受止めることができているのでしょう。暖炉の火にあたっていると、倶楽部の方々が大切にしてきた時間と想いを感じ取ることができます。
今回は建築士会の行事だったので、特別にコース手前にある「スターティングハウス」も見学させていただきました。ちっちゃな小屋ですが、身体にしっくりくる愛しさがありました。

また来たい場所が増えました。

■門司ゴルフ倶楽部
http://www.mojigolf.co.jp/clubhouse/index.php


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-01-22 01:22 | コバヤシの日々 | Comments(0)