人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2014年 10月 24日 ( 1 )
暮らす活力(後)
活気ある街や市場が魅力的なのと同様に、活力ある家には魅力があふれています。
では、その活力の源はどこにあるのでしょうか。

ひとくくりでは語れませんが、家族が日常を楽しめているか否かは大切な要素です。
人生とは新しい家に住めば一変するはずも無く、今まで同様に悲しいことも苦しいこともやってくることでしょう(幸不幸は主観の相対性でしかないのですから)。
そんな日常に寄り添う家をつくる、これこそが設計者に求められている建築の条件です。

嬉しい時も哀しい時も、家は家族と共にそこに在ります。
だから少しでも寄り添えるように、ヒトチカは対話を通した設計を心がけています。

「土地を読むように人を読む」

対話の果てに作られた形には、作ろうと決めた家族の意思が宿ります。これは永続的な意志ではないものの、そこで暮らす活力源になりえます。
そしてその活力があればこそ、一時的な形を読替えて住みこなすことができる。これこそが、住み手の意思が作り手の意志を越えていく瞬間です。
そうした繰り返しの中に、集落で体験したあの「地に足の着いた」形にたどり着けるヒントがあると考えています。

集落に歴史があるように、家族にも歴史があります。
その歴史を「形の読替え」として受止め、引渡し当初からは想像できなかった形へと、更新されて欲しいと願っています。


【コバヤシ】

暮らす活力(後)_a0180552_210973.jpg

今回も美味しいタルトをご馳走になりました。Kさん、多忙な日々にもかかわらず、いつももてなしてくださりありがとうございます。
by hitonochikara | 2014-10-24 10:24 | オシゴト | Comments(0)