人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:オシゴト( 179 )
新春は寅さんで
a0180552_10364293.jpg

2月。暦の上では春ですね。先月 【isd】 にお邪魔させて頂きました。
この日は居酒屋koujiの新年会。ぽかぽか陽気の一日で、まず軒下のブランチテーブルから新春の宴が始まりました。

この冬も庭で可愛らしい花をつけた白椿のこと、ざるを使わない天日干しで作られた梅干の味。久しぶりにお会いしてお聞きするお話は盛りだくさんで、つい休日を過ごすような心持になってしまいます。ダイニングキッチン、ノミノミテーブルと場所を変え、料理、本、音楽へといつものように話は転がって深夜、どうしてなのかよく覚えていないのですが寅さんのお話に。
メロン騒動。寅のアリア。大将、なんですか、それ?
寅さんの主な登場人物と役者さんの名前は少し知っているものの、カタオカは頭から終わりまで映画「男はつらいよ」を見たことがありません。
大将は、料理に合うお酒をすっと選んでくださるように、第15作「男はつらいよ 寅次郎相合傘」の上映を始めてくださいました。

寅さん、なんでそういうこと言うと?
女将の爽やかな手作りレアチーズケーキを味わいながら大笑い。次の地へと旅立つ寅さんを見届けて帰路についたのでした。


【カタオカ】
I様、美味しくてあったかい新年会をありがとうございました。また寅さんにツッコミいれたいです。
by hitonochikara | 2017-02-08 08:15 | オシゴト | Comments(0)
道具の居場所

a0180552_12194988.jpg

日々の気づきで、住宅は更新されます。
生活の呼吸に合わせて「自分が使うから」と選ばれた形には、肩の力の抜けた説得力があります。

今回の【imr】の点検では、庭いじりの道具が壁にかけてありました。
簡易ながら使いやすそうなデザイン、使われる日を待っている姿が様になります。
この美しさは、まさしくローカルディテール※。
これを設計した住宅で発見できる嬉しさと言ったら…思考と表現が一致する瞬間です。

暮らしの中で庭への興味が少しずつ増えた【imr】。
ポタジェ(菜園スペース)も2倍になって、今後の展開が楽しみです。


【コバヤシ】

ローカルディテール:その場その時の解釈でつくられた都合の良い形の総称。
日常で見つけたこれらを収集して、設計の糧としています。現在はインスタグラムの「#ローカルディテール」で更新中。


by hitonochikara | 2017-01-18 01:18 | オシゴト | Comments(0)
円卓効果
a0180552_4261061.jpg

台所にたつ女性3人。
円卓でだべる男性3人。
並べられる昼食、食べるのは一瞬。
再会を喜ぶ会話、昔話。これからの話。

読者の皆様に「またか」と言われそうな内容ですが、毎度のことながら点検での再会はヒトチカにとってかけがえのないひとときでして、、、恐縮です。

この日は【imr】の2点検で、お言葉に甘えてみんなでお昼ごはん、お酒も入っていないのに、宴のようなハイテンションでした。
点検の方でも、ところどころ生活プログラムが更新されており、充実した暮らしぶりを感じ取れました。

それにしても「円卓はすごい」と話が盛り上がりました。丸いテーブルだとみんなと同じ距離でつながるようなコミュニケーションが生まれます。そのせいか発言しやすく会話が弾むようです。この様子はぜひプロトハウス事務局さんのブログの方で読んでみてください。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2017-01-11 11:11 | オシゴト | Comments(0)
任せとかんね
a0180552_0342970.jpg

まだ秋の暖かい雨が降っていた11月、上棟式の日を迎えたhouse skiです。
雨を避けるために予定を変更して迎えたこの日、朝から雲一面の空。
少しでも晴れ間があるといいなぁ。そう思いつつ現場に向かうと、予定を変更したにも関わらず、他の現場の大工さんも応援にかけつけてくださっていました。嬉しい。

施主様がご準備くださったボリュームたっぷりで美味しいお弁当に現場の皆様とびっくり。
並んで抱えて頬張りながら、工事のことやこれからの天気のことなど、心配ごとを施主様と一緒に棟梁に話してみると、一言。

「任せとかんね。」

棟梁。かっこよすぎます。もう鮎川誠にしか見えません。

しっかり食べてお腹は大満足。ひと休みも終わって午後の現場が始まりました。
地下足袋を履いたお二人。棟梁と、この現場で一緒腕を振るってくださる棟梁のご子息。
垂木のかかった屋根廻りを、低いところと同じようにきびきび歩いて行かれました。
うだるように暑い夏も、手がかじかんで動かなくなる冬も、彼らの心意気と技術に支えられて少しづつ現場は進んでいきます。
ぴんと冴え渡る空気は好きなのですが、どうか、雪がちらつくような寒い日の少ない冬でありますように。


【カタオカ】
by hitonochikara | 2016-12-21 08:05 | オシゴト | Comments(0)
音の場所 楽器の時間
a0180552_0255547.jpg

今年の5月にお引渡ししたhouse tir。
天気の良い週末の午後、半年点検でおじゃまさせて頂いてきました。

ちゃんとするクスの香り。爽やかで身体にすっと入ります。
ドアを開けて玄関の棚には、行儀よく並んだアルミの酒器とドライフラワー。
ダイニングに向かうと、前のお住まいでも流れていた心地よいジャズが聞こえてきました。
ああこの感じ。T様のお住まいだなぁ。

早々に半年点検が終わり、プロトハウスさんと現場監督さんと揃ってランチパーティーの始まりです。
アヒージョ、生春巻き、サラダ。ダイニングテーブルに並んだ彩り鮮やかな料理の数々。
普段自分の食卓には並ばない楽しいメニューに、ついあれこれと欲張りに。ついでに欲張って、靴下を脱いでクスの床を裸足で過ごさせて頂きました。
しっとり滑らかな足裏の感触。T様がここでの暮らしに向けて選ばれた時別なものでした。
クスを見学に行ったり、サンプルを持って帰られて裸足で確かめて頂いたり。
T様、すっかり馴染んで艶が出てきましたね。

空のお皿が増えてきた頃、ピアノコーナーではギターの弾き語りが始まりました。
曲を重ねて伸びやかになる声と音。そう言えば、どこか別のお住まいでも聞きましたっけ?


【カタオカ】
by hitonochikara | 2016-12-14 08:19 | オシゴト | Comments(2)
4年目のお寿司
元気に走り回る子供達と一緒に4年点検。
西側に小さな畑ができていたり、庭や棚に植物が増えていたりと、【dbc】の暮らしぶりは相変わらずにぎやかな様子。しかし仕事と子育てに追われながら、この質を維持する生活は楽ではないだろうと想像してしまいます。

竣工して私達の手を離れた住宅は、施主の手でどんどん家らしく成長していきます。その成長過程を観察しに毎年点検と称してやって来るわけですが、話し合っていた生活プログラムが加速していたり、ある場所は読み替えられていたりと、感動と発見に事欠きません。それと同時にその暮らしぶりを応援する気持ちでいっぱいになります。
というのも、充実した生活を日々重ねていくにはかなりのエネルギーが必要です。1年目はスタートダッシュが決まったとしても、その継続はしんどいだろうと思うのです。

だから私達は応援し続けたい。家をつくったことで一変した生活が、一日でも長くつづいてくれますようにと、心から願っています。

点検ランチは皆でお寿司とおでんをいただきました。ご主人が学生時代にバイトで培った握るスキルが発揮されています。家づくりを基点に、その人の過去と未来がつながって見える瞬間を味わいました。

a0180552_1514325.jpg


【コバヤシ】
D様、今年もありがとうございました。たいへん美味しかったです。去年食べそびれたカタオカがとても喜んでいました。
by hitonochikara | 2016-11-30 11:30 | オシゴト | Comments(0)
居酒屋 Kouji
a0180552_2122379.jpg

行きつけの居酒屋がある。
そこに行くと95%くらいの確率で酔いつぶれる。
ほかじゃめったにつぶれないのに、ここに来るとついつい飲みすぎてしまう。

というのも、庭で採れた野菜をさっとつまみにしてくれたり、
「コバヤシさん、どれにする?」と、一升瓶がずらっと並べられたりして、
酒飲みの願望が、目の前に現れる。
気が付けば「うぅぅぅ(し、しまった!)」と、時すでに遅し…。
それでも大将と女将は「だからペース落としてと言ったでしょ」と、笑ってくれる。

この秋に伺った時は念願の縁側ポケットから一杯目がはじまって、
いつもように終電まで飲んだくれてしまった。

ここに来ると、仕事でいろいろあっても、背中を優しく押してくれているような気分になる。
明日からまたがんばろうって気持ちが切り替わる。
きっと応援のプロなんだ。


【コバヤシ】
2年点検の宴で感じたのは、コンセプトのまま「心を自由にする」気持ちよさでした。
I様、毎回毎回、美味しい時間をありがとうございます。

by hitonochikara | 2016-11-23 11:23 | オシゴト | Comments(0)
ついのかたち
終の住処とは、どんな場所なのか。
何を大切にするべきか、じっくりと考えるきっかけをいただきました。

残された側の過ごし方。
共に暮らす絵画や犬達の居場所について。
お二人のこれからについて伺いつつ、終(つい)を考える家づくりです。

テキパキと進めながらも、夫婦漫才のような打合せ。その合間にお二人は車で遠征したり、酔っ払って怪我して現れたり。これまでそんな日常をおくってらしたのだと思うと、なんだかコメディの効いたロードムービーの様です。

a0180552_1417317.jpg

そして、この日は地鎮祭。
手水のある清爽な儀式でした。

始終楽しそうに進む家づくりを通して、歳を重ねる意味を学んでいます。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2016-11-16 16:16 | オシゴト | Comments(0)
kaorimasu in Tokyo
a0180552_42911100.jpg

ミラノから帰国したカオリマスは、現在東京へ出張中。
先週から開催されている「TOKYO DESIGN WEEK 2016」というデザインイベントに出展しています。

ミラノの時は日本の国旗のような白と赤の会場構成でしたが、東京では真っ黒なbud brand ブース、ミラノの街並みをカオリマスで再現しているとのこと。
そう、確かにそうです。ヨーロッパは街路にロの字型建築で街並みを形成しています。航空写真でミラノを見てみると確かにカオリマスがいっぱい!(笑)

#casaのウェブサイトで展示風景がupされています。カオリマスに興味のある方はぜひbud brandブースへお越しください。
あ~~カオリマスでお酒が飲みたい。


■TOKYO DESIGN WEEK 2016 Creative Life展
日時: 2016年10月26日(水)~11月7日(月)
会場:東京都新宿区霞ヶ丘町2-3 明治神宮外苑絵画館前


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2016-11-02 11:02 | オシゴト | Comments(0)
家の完成は100%じゃなくて6~7割出来でいい(インタビューより)
a0180552_6363031.jpg


FORZAさんのHPに【ymg】の施主様のインタビュー記事と写真が掲載されました。

インタビュー記事は、セルフビルドで参加した工事の話を中心に書かれています。毎日お茶出しに通い、週末は壁塗りに通うY様家族。そして男気あふれる棟梁達とのディテールについて話し合った長い定例会議。懐かしいですね、とにかく熱い現場でした。

そして実例集の写真を上から順に見比べてみると、空っぽから家へ進化していくのがよく解ります。特に物干し場の蚊帳カーテンは内部でも外部でもない、透明でも不透明でもない、建築的に捉えても面白いアイデアです。
家づくりに興味のある方はぜひ読んでみてください。


■お客様の声 house ymg / Y様 インタビュー
http://www.forzakyushu.com/blog/?p=5380
■実例集 house ymg –はじまりの空っぽ-
http://www.forzakyushu.com/example/example105.html


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2016-10-26 10:26 | オシゴト | Comments(0)