人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
タグ
(342)
(65)
(36)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
カテゴリ:ハチニンリキ( 54 )
ミラノデザインウィーク2018

おかげさまでヒトチカは3年連続でミラノデザインウィークへ出展しております。

今年のbudbrandのテーマは「お祝い」で、おめでたいときに贈るプロダクトの製作です。
ミラパレ(ヒトチカとハダパレの混合チーム)が挑むは、なんと会津漆器。雪降る会津へ通って伝統工芸士の古川勝規さんと一緒に『Aizu Flat』という漆器のプレートを製作しました。

a0180552_17222252.jpg
残念ながらスケジュールの都合でミラノへ行くことは叶いませんでしたが、かわりに赤ベコさんがミラノへ出張中です。
会場はトルトーナ地区にあるSuperStudioの「SuperDesignShow」(nendoの展示も同会場ですよ)、もしミラノへ行かれる方がいらっしゃいましたら、budbrandブースへ立ち寄ってみてください。

■bud brand / 「Aizu Flat」


【コバヤシ】



[PR]
by hitonochikara | 2018-04-18 16:18 | ハチニンリキ | Comments(0)
長崎デザインアワード2017 銀賞

a0180552_16013026.jpg
budbrandで今年のミラノデザインウィークに出展したWhite Lotusが、長崎デザインアワード2017の銀賞に入賞いたしました。
以下は選定委員の下川一哉氏によるコメントです。

白いマットな磁肌が、有機的なフォル ムに映える不定形の皿は極めてモダンな印象を与える。この皿にどんな料理をどう盛り付けるか?料理人に創造力を求める食器でもある。細い高台に磁石が装着されているので、鉄製のプレートとともに使えば、優雅なたたずまいと安定性を両立できる

極限の白さと薄さを目指したWhite Lotusが、そのコンセプトを評価されての入賞は嬉しい限りです。写真は表彰される菊祥陶器の木下さん。リーゼントもスーツもバッチリきめております。木下さん、おめでとうございます。ミラパレの皆で祝いの宴をやりましょう!


【コバヤシ】
ご支持を頂きました選考委員の皆様、関係者の皆様には、この場をお借りしまして御礼申し上げます。


[PR]
by hitonochikara | 2017-11-08 16:02 | ハチニンリキ | Comments(0)
全書にkaorimasu

a0180552_22102781.jpg
ヒトチカ全書にkaorimasuを掲載しました。
budbrandが撮影した写真の他に、製作や出展の風景も載せいています。

■ヒトチカ全書
・kaorimasu –カオリマス–
・【KM】製作風景から
・【KM】出展風景から

現在kaorimasuは田中工藝さんによって、商品化へ向けた最終調整へ入っているようです。


【コバヤシ】
もんちゃん最後の一仕事、よろしくおねがいいたします。


[PR]
by hitonochikara | 2017-10-04 10:04 | ハチニンリキ | Comments(0)
bud brand 2017 報告会にて

a0180552_14035657.jpg
bud brand 2017の報告会へ出展者を代表して、マツケンホームの松下さん、菊祥陶器の木下さんと一緒に登壇してまいりました。久しぶりの木下さんは相変わらずリーゼントがばっちりで気合十分。

会はアルコールが入りながらプレゼンする演出で、話す方も聞く方もざっくばらんに交わることができました。
まずは本年度のサポートをしてくださった企業の皆さまへ感謝の気持ちをお伝えし、波佐見での製作過程やミラノでのリアクションについて報告しました。

そしてこの会は2018年度へ切り替わるイベントでもあるようで、次回のテーマや今後の展開についての説明もありました。

2018のテーマは「おめでたいプロダクト」。
結婚、出産、新築、入学、成人、誕生日、記念日、引越し、快気、合格、就職等々、おめでたいことってたくさんあります。現在budbrandのWEBにて、お祝いにまつわるプロダクトの提案を募集しています。


【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2017-09-13 09:13 | ハチニンリキ | Comments(0)
FUBA2017は マチ#タグ

a0180552_15164196.jpg

福岡市の都市景観マガジン[FUBA]に、本年度も八人力の連載がはじまりました。
テーマは「マチ#タグ」。インスタグラムのように街の風景にタグをつけて、マニアックな視点で解説する企画で、ヒトチカの二人は片岡が「#01軒先」、小林が「#02仮設」で寄稿しています。

ヒトチカの関心ごとに「つけたし」と「はみだし」があります。
これらは居心地の良い場所に共通するあいまい要素でして、この二つが揃うとかなりの高確率で「にぎわい」が生まれています。例えば建築につけたしたような軒の下に、日差しや雨宿りできるベンチがあるとちょっとした休憩スペースに。また屋台のような仮設が歩道にはみだすことで、街の線引きがあいまいになり少しだけ自由になります。

ぜひ記事を読んだ後に街を歩いてみてください。
違った風景が見えるかもしれません。

■福岡市都市景観賞2017WEBマガジン[FUBA]
・マチ#タグ / 「#01軒先」
・マチ#タグ / 「#02仮設」

また第7回目となる「まちなみ写真コンテスト」の募集が始まっています、〆切は8/20(日)消印有効です。


【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2017-08-02 08:02 | ハチニンリキ | Comments(0)
二人力 2017年 夏号

a0180552_17220418.jpg
あっという間に夏が来ました。
今年も八人力の皆さんは活発に動き回っていて元気、元気。なかでもFANFAREさんは4月にレストランをオープン。写真はそのリストランテ・ファンファーレで乾杯しているところで、前回の定例会議はその一角をお借りして行いました。

そして皆が持っている紅白の紙コップは伊藤さんが持ってきた「おめでたい紙コップ」。大分のデザイナー井下悠さんの作品で、伊藤さんが熱烈に営業していました。

さて二人力ですが、ミラノデザインウィーク系の記事が盛りだくさんです。
時間がある時にご笑覧ください。


■written byコバヤシ
・国内海外旅行記 /「再会の旅 –友と故郷と-」
・bud brand /「【ミラノへの道】波佐見焼編③ White Lotus in Milano」
・Archive /「White Lotus / bud brand」
・bud brand / 「第20回木材活用コンクール授賞式|kaorimasu」

■written byカタオカ
・bud brand / 「【ミラノへの道】波佐見焼編① 新たな挑戦」
・bud brand / 「【ミラノへの道】波佐見焼編② 旅の始まり」
・お知らせ / 「talk bar かたるきくかんがえる」



【コバヤシ】



[PR]
by hitonochikara | 2017-07-26 07:26 | ハチニンリキ | Comments(0)
第20回木材活用コンクール 和の文化賞

a0180552_00160982.jpg
ミラノへ行く準備をしている時に朗報が飛び込んできました。
昨年のbudbrand に出展した『kaorimasu』が、日本木材青壮年団体連合会の主催する第20回木材活用コンクールにおいて「和の文化賞」という特別賞をいただきました。

このコンクールは主に建築を応募対象としているにも関わらず、あの小さな枡が受賞できたことは嬉しい驚きです。実際に他の受賞作品を見ても、駅舎や学校など施設系がひしめいています。田中工藝社さん、もんちゃん、やりましたね!おめでとうございます。

■第20回木材活用コンクール受賞作品
https://www.mokuseiren.jp/mkc/



【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2017-04-26 04:26 | ハチニンリキ | Comments(0)
ミラノへ

a0180552_04081272.jpg


ヒトチカは今年もbud brandより、イタリアのミラノデザインウィークへ出展します。


昨年末から波佐見へ通い、菊祥陶器さんと一緒に器を製作しました(詳しい内容は八人力のWEBで紹介しています)。


重ねても使える、白く薄い器「White Lotus」。

かなり厳しいスケジュールでしたが、ギリギリなんとかなりまして、器と一緒にコバヤシがミラノへ行ってまいります。


そんなわけで、コバヤシは3/31(金)~4/10(月)まで不在となります。皆様にはご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。


【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2017-03-29 03:29 | ハチニンリキ | Comments(0)
二人力 2017年 冬号
a0180552_18555884.jpg

年末の八人力は「大分場所」と称して、大分に縁のある若手による『ART PLAZA U_40建築家展2016』へ乱入してきました。

これは八人力メンバーの伊藤憲吾さん達が7年前にはじめたイベントで、2016年はメンバーの矢橋徹さんが参加しており、陣中見舞いをというわけです。

会場構成には、熊本地震の避難所で使用された間仕切りの紙管を再利用しており、矢橋さん活躍していました。

大分はカタオカの故郷であり、コバヤシにとっては第三の故郷です。

あの頃と比べると大分の若手は結束力があり切磋琢磨している印象を受けました。その背景として、このイベントを協働していることがあるのだと思います。

written byコバヤシ

・会イニユキマス /「千葉正樹 / 唐桑侍」

・お知らせ/「あけまして おめでとうございます」

written byカタオカ

・イベント・レクチャーレビュー/「Echoes Infinity -永遠と一瞬-大巻伸嗣」

・建築レビュー/「TARO の前で」



【コバヤシ】



[PR]
by hitonochikara | 2017-01-25 01:25 | ハチニンリキ | Comments(0)
二人力 2016年 秋号
a0180552_8244091.jpg


コバヤシが設計で生きていこうと決心できたのは、この人の存在でした。
学生時代、彼の弟子にあたる象設計集団を知って北海道へ会いに行き、丁寧につくる設計手法を学びました。そこから師匠である吉阪隆正のことを調べるようになり、今まで何度となく励まされてきました。今回はその想いの独白記事になっています。

■written byコバヤシ 
・会イニユキマス /「吉阪隆正 / みんなでつくる方法」
・会イニユキマス /「吉阪隆正 / 多磨霊園墓参」

■written byカタオカ
・お知らせ /「八人力でFUBA!」

また、八月より福岡都市景観賞(FUBA)のWEBマガジンにて八人力が連載をはじめています。「マチに力を借りるとき」をテーマに私達も記事を書いていますのでご笑覧ください。

■FUBA Web Magazine
・マチに力を借りるとき /「並木道を歩く時」(カタオカ)
・マチに力を借りるとき /「都市高デート」(コバヤシ)


【コバヤシ】
[PR]
by hitonochikara | 2016-11-09 23:09 | ハチニンリキ | Comments(0)