人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
住みこなす力
a0180552_1132283.jpg


先日、6ヶ月点検をするために house mnk におじゃまさせて頂きました。
玄関に入って正面の壁には、アイキャッチとなるかのように少し幅広の花のマスキングテープが階段に沿って2階まで上がっていっています。

「こどもの手のあとがつくんですよね(笑)」

奥様は考えられました。
子供は壁に触れたくなるもの。
ならば!この花の帯をたどって、2階へあがってくれないか?(・∀・)?
予想もしない楽しいシーンに触れるたび、ご家族の住みこなす力を感じてにんまり顔がとまらないのでした。

ご縁を頂きました FORZA さんのホームページに、house mnk が掲載されております。

ご家族の皆さんが生活されている風景の撮影をさせてください、との私達のお願いを、ご家族揃って快くご了承してくださいました。お兄ちゃんは寝起きで少なめですが(笑)
写真撮影は、TechniStaff の針金さんです。

写真を見ては、にんまり顔がとまりませんヾ(*´∀`*)ノ
なんども見たくなります。

【カタオカ】
by hitonochikara | 2012-10-26 13:00 | オシゴト | Comments(0)
カーラジオから流れてくる
朝一の打合せを終えて移動中。

都市高高架下。そうそうここは渋滞するんだったっけ…。
のろのろと車を進めながら、高速の黒い影と影との間に広がる空をなんとなく眺めていた。

!?

カーラジオから聞こえてきた曲。懐かしい曲。
昔好きだったなぁ。



それは停滞気味な自分の心を、後ろからそっと持ち上げてくれたような感覚だった。

口ずさみながらブログを書いています。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2012-10-24 13:05 | コバヤシの日々 | Comments(0)
饒舌の対岸
ひかえめなな人がはなつ笑顔の力強さよ!


コバヤシはこんな性格なので、日々暑苦しくあります。
SNSに不向きな失言失策の日常です(ノ△T)。

だから内向的な人との対話には、いつも以上に「丁寧」を心がけています。
(それでもたまにネジが跳んでしまうのですが…)
a0180552_456592.jpg

そんな意味においてhouse satの上棟式でのお施主様の挨拶は、ぐっとくるものがありました。

失言覚悟で書きますと、
それは「不良が捨て猫をかわいがる光景」を目撃してしまったような感動でした。

その方は、私と違って口数が多くありませんでした。
しかし家づくりの過程を通して、少しずつ少しずつ、言葉と笑顔が増えていきました。
そして今日は満面の笑顔で棟上げを楽しんでいました。
だから締めの挨拶での彼の言葉は、いつも以上に力強く心の底からのものでした。


人間には幅があります。
その幅を感じる瞬間が多い人生はいい人生だ。と勝手に思っています。


【コバヤシ】

関係者の皆様のお陰をもちまして無事、棟が上がりました。ありがとうございました。
by hitonochikara | 2012-10-22 08:55 | オシゴト | Comments(0)
きれい=たのしい=かよいたい?
「なぁ、この小学校よりきれいな学校ってあるんかな?世界一なんかなwww」

昼食のお弁当箱を片付けている時に、ききかじってしまった子供達の会話。
コバヤシはきっと(;゚д゚) な顔をしていたに違いない…。
a0180552_15532117.jpg

9月に久留米子育てまちづくりNPOが主催した『宇土小学校と網津小学校見学会』に参加してきました。

一緒に宇土小学校を見学した子供達はどう感じたのだろう?

そんな私の好奇心に応えてくれたかのような会話でした。

宇土市立宇土小学校は「くまもとアートポリス事業」でつくられた小学校で、小嶋一浩+赤松佳珠子/CAtによって設計されました。一番の特長は、各教室のコーナーに設けられたL型とI型の壁以外は外とつながってしまうことです。なんとも開放的な構成になっています。

また今回の見学会は、市の担当者によるガイド付きの見学会だったので、かなり具体的に設計から工事の過程、現在の学校の様子まで細かいお話しを聞くことができました。
今日に至るまで彼女(担当者)の熱意があったからこそ、実現と運営ができているのであろう…と、バシバシ伝わってくる解説です。

オモシロイ!

楽しい仕事の舞台には、たくさんの情熱的演者がいることを再認識しました。
興奮します。

そして、こういう仕事の結果はわかりやすく伝わってきます。

新校舎に引っ越した生徒達は1ヶ月で慣れ、休み時間になると学校中で遊んでいるそうです。
(それまでは教室orグランドのような遊び方だった)
それと数時間の見学にもかかわらず、目を輝かせていた久留米の子供達の会話からも。

「きれい」 美しい日本語です。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2012-10-15 15:59 | コバヤシの日々 | Comments(0)