人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2020年 02月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 06月
more...
タグ
(373)
(73)
(45)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
たからもの
仏師の円空は、放浪の生涯で村人のために12万体の仏像を残し、土の中で眠り即身成仏となった。
画家の田中一村は、大島紬の仕事で辛うじて生計を立てつつ描きつづけたが、個展開催の直前に倒れた。
建築家の吉阪隆正は、建築で愛を語る事に挑み、自邸に雨漏り用の古いふんどしをぶらさげて、この世を去った。
民俗学の宮本常一は、1200軒の民家を泊まり16万kmを歩き、ただひたすらに民衆の話を後世へ残した。
作家の埴谷雄高は、理解者を得られずとも「死霊」を書きつづけたが、遂に完成させることはなかった。
画家の江上茂雄は、高い絵の具が買えずとも101歳まで描き、2万枚に至る風景は傍らに在りつづけた。

歴史の眼は、遥か昔から今の刹那までを瞬時に捉え、すべてを並列化させる。
私には見える。
尊厳にあふれる生き方を歩んだ表現者は、見る者の魂を奮わせる仕事を残した。

言い換えれば、才能は人を不幸にする。
突出した才に理解者は現れず、後世のみが評価を与えてくれる。
そして他者に嫉妬の念を沸かせ、その者を窮地へと追い込む。
もしくは成功が驕りを生み、眼を鈍らせ、一瞬にして才能は枯れてしまう。

結局、どの道を歩いたとしても、行き着く先はなれの果てだ。

たからもの_a0180552_0514352.jpg

先日、恩師から頂いた版画を眺めていた。
それはまるで美術史の断片の様。
連綿とつながる歴史の端を触っているような感覚だった。

これを持つにふさわしい人へとなろう。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-02-28 02:28 | コバヤシの日々 | Comments(0)
いのちのやりとり
雑木林で自由に暮らす糸島の猪たち。
どんぐりをたらふく食べて、冬の備えも充分の折。
猟師皆島さんは、相棒である屋久犬たちを連れて猪狩へ出かける。

獲物を求めて山野を走る。
首輪につけた無線越しに、遭遇と格闘を確認。
全速力で現場へ。
傷だらけになりながらも勇猛果敢に追い込む犬たち。
彼らはとどめを差してくれるご主人の一撃を、今か今かと望んでいる。
手負いの猪は覚悟を決めて、牙を「カシャーンカシャーン」と重ね鳴らす。
鉄砲か。
刃物か。

犬達を巻き込まないよう、一撃で沈められるよう…、勝負の一瞬。

いのちのやりとり_a0180552_17135022.jpg

八人力の新年会を、油山猟師小屋でおこないました。
「今日は運がいいね。昨日の獲物だよ。」
猟師であり調理師である皆島さんは、さばきながらカラッと笑いました。

命と誠実に向き合う人だからでしょうか。
その仕事は丁寧です。
丹念に仕込みを行い、最小限の調理で味付けされた「しし肉」は、ただただ甘く格別です。

しとめた猪たちや、たおれてしまった犬たちを背負っている人の笑顔は優しい。
壮絶な狩話を聞きながら、夜はふけていきました。

■油山猟師小屋
住所:福岡市城南区東油山3丁目21-40
営業時間:18:00~22:00 (1日1組の完全予約制)
定休日:不定休
URL:http://nss-k.net/ryoushi/index01.html

皆島さん、ごちそうさまでした。
また食べに行きます。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-02-25 02:25 | ハチニンリキ | Comments(0)
ローカルディテール-006 同位相の枝葉
ローカルディテール-006 同位相の枝葉_a0180552_16283248.jpg


要素や構成が同じであっても、違うカタチ。
人の顔がそうであるように。
集落の住居がそうであるように。

同位相であっても私的な事情で、小さな更新が重ねられる。
それは、同じようで同じでない、小さな差異を追いかけてゆける風景。

「同じである必要はない」
追いかける行為には、そんな安らぎが宿っている。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-02-21 02:21 | ローカルディテール | Comments(0)
実験用版築
「失敗の可能性を見つけたぞ~!」

2007年に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』で農家古野隆雄は、そう叫びながら田んぼを耕していました。

未踏の地へ挑戦する人は、誰よりも失敗を重ねることで、誰よりも経験を積んでいきます。
彼らの人生は試行錯誤の連続だったのだと、私達は歴史を通して学びました。そしてその恩恵にあずかって暮らしています。

構造的不安が消えない版築について相談したく、母校の九産大を訪ねました。構造の先生方からすれば「土を突き固めた塊」なんて胡散臭いはずなのに、暖かく迎えてくれました。
そしてアドバイスだけでなく、なんと実験まで手伝ってくれることに…。
新しい可能性が見えてきました。感激です!!ありがとうございます。
これこそ「失敗の可能性」です。

早速、実験用のテストピースの作成を開始しました。
型枠も貸していただき、4㎝角の小さな版築をつくりました。
これを養生して(寝かせて)、かたまったら学校へ持っていきます。

実験用版築_a0180552_0434148.jpg

7年前、古野さんに勇気付けられたから建築をつづけています。
そして今、失敗を恐れず、失敗を重ねて、版築に挑戦します。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-02-18 02:18 | ハチニンリキ | Comments(0)
深夜のり
感極まって、一番手が泣きながら発表。という、いつもの深夜のりで卒業設計講評会がはじまりました。

8名の豪華なクリティークよりも少ない、学生6名のプレゼンテーション。
そして一人あたり、なんと40分!も割り当てられるという…これも深夜のりです。
これで濃厚にならないはずもなく、卒計イベントのファイナリストでも、ここまで贅沢な展開は考えられません。
深夜のり_a0180552_16193871.jpg

最初の涙がよかったのか、会場全体で空気の距離感が縮まっています。
クリティーク陣の役割を意識した辛くて優しい批評に、発表者の眼が輝きます。

なかでも嬉しかったのは、質問に対して発表者が黙ってしまうことなく、自分の言葉で応答していたことです。
今まで矢作先生が与えてくれたチャンスを、経験に変えた彼らの成果です。

手応えがあります。
彼らは、講評会で新しい経験と自信をつみました。各々、モチベーションは満タンまで充填されたことでしょう。
その後の会話からやる気が伝わってきます。そうです、この意気込みのまま学外イベントに挑戦していきましょう。
疲労感は残っていると思うのですが、月曜日からブラッシュアップがはじまりました。
親バカみたいで恥ずかしいですが、学外で更なる結果を掴んで欲しい。と、心から願っています。

あと1ヶ月、製図室に住みましょっ♪


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-02-14 02:14 | ハダシ・デ・パレード | Comments(0)
2014 別大マラソン
2014 別大マラソン_a0180552_064320.jpg

早めに済ませたい所用と合せて、先週末、別大マラソンの応援に行ってきました。

気温が高く、別府湾の向こうは何も見えないほどの霧。こんな中で走れるんだろうか・・・・
大分に向かうソニックが別府にさしかかったとき、沿道に多くのギャラリーの姿をキャッチしました。
おおお!やってる!行くぞーっ!
コースの中で目星をつけていた終盤、沿道の人が比較的少ない39キロ地点。
交通規制が始まり、広報車がトップの選手の知らせを運んできました。

ランナーは、どんなことを言って欲しいんだろう?
苦しいときに、頑張れ!なんて言われても、頑張ってるわい!と思うだろうか。
そもそも、私の声は届くのか・・・・。
そんなことは、考えませんでした。
私の持ち味はでかい声。うるさいくらいの拍手と声を届けようと決めていました。
ファイトーッ!頑張れっ!

はいっ!ありがとうーーー!
あと数キロの苦しい中で、そう返してくる何人かのランナーにこちらが元気をもらい(笑)、
最後の選手まで見送りました。
数年前、初めて走った5キロのレース。自分にとっては、ゴールが見えない長い距離でしたが、沿道の方々の力強い声援に支えられ最後まで走りきりました。
走ることも、応援することも、本気は誰かに届いているのです。
でも、ちょっと声出しすぎて・・・・ノドガイダガッタ・・・・(x_x)

【カタオカ】
by hitonochikara | 2014-02-11 08:51 | カタオカの日々 | Comments(0)
house isd 地鎮祭
house isd 地鎮祭_a0180552_23582350.jpg

先日、約一年間の設計期間を経て、house isd が地鎮祭を迎えました。
ちょうど一年前の2月、Forzaさんのコンペでご縁を頂いたお客様です。

雨が今にも降り出しそうな空模様でしたが、願いが通じたのか、地鎮祭の時間はなんとか持ちこたえてくれました。
神主さんの清々しい祝詞に、施主様とコバヤシがきりっと続きます。
最後の締めは原口建設の原口社長と現場をみてくださる富田さんの掛け声。
良く通る声に気持ちを新たにし、土地の神様に挨拶と安全祈願をすることができました。

時間をおいて夜、お施主様が工事に携わられる皆様と親睦を深めるために開いてくださった顔合わせ会。せっかくなので地鎮祭の奉献酒を飲みましょうと、嬉しいご配慮を頂きました。
お酒が好きなお施主様にと、皆さんが選んでこられたお酒のラインナップは、壮観(笑)
おめでたい名前の一升瓶が4本並んでおりましたが、終わってみると1本を残して、ほとんど空っぽ!みなさん、日本酒を冷やで豪快でした。

【カタオカ】
by hitonochikara | 2014-02-07 08:55 | オシゴト | Comments(0)
ハレノ舞台
九州産業大学の卒業設計講評会に、クリティークの一人として参加いたします。

3年前、建築学科へ矢作先生が就任されてから、建築の教育環境は劇的に変わりました。
それまでは、学内で閉鎖的になりがちでしたが、今の学生は学外へ出るチャンスをもらい、どんどん経験値をあげています。
そして今年度は、一学校の卒業設計(略して卒計)に、東京や大阪で活躍する建築家を招いて、福岡若手の旗頭であるお二人を招いて、講評してもらえることになりました。
今までの環境だったら、信じられないイベントです。

ハレノ舞台_a0180552_1313506.jpg

去年の春から「ハダシ・デ・パレード」の活動を通して、4年生が卒計と格闘している様を見てきました。
「最後の一年だからめいいっぱい遊ぼ~♪」ってなりがちな大学環境の中で、彼らは昼夜を問わず製図室に住みつき、建築と向きあって苦しんできました。
そして今年の1月、ボロボロになりながらも、なんとか締切にゴールしました。
皆のたくましくなった顔つきに、成長を感じています。
私自身、卒計で得た考え方と経験は、社会へ出てからも独立してからも、自分の原風景として真ん中にあります。
だから、彼ら彼女らが卒計で得た一連の経験と、今回の晴れ舞台で更に経験値をあげて、社会へ挑戦して欲しいと願っています。

私はこんな感じ(人も設計内容も知りすぎている)なので、純粋なクリティークというよりはフォロワーとして、学生に喝を入れながら応援したいと思います。
どこまで彼らが自分の考え方、建築観を伝えることができるのか、日曜日が楽しみです。


■九州産業大学卒業設計講評会(平成25年度建築学科・住居インテリア設計学科)
日時:2014年2月9日(日) 13:30~19:30
場所:九州産業大学2号館1階 円形ホール

※1.作品展示は2月8日(土)~2月11日(火)まで行っています。
※2.講評会同日11時より、清原昌洋さんのレクチャーも催されます。
  九産大建築レクチャーシリーズvol.11
  『これまでのこと、これからのこと』 清原昌洋
※3.詳細は矢作先生のブログを参照してください。
  矢作昌生の建築ブログ 「九州産業大学卒業設計 展示会・講演・講評会」
  http://myahagi.exblog.jp/21583363/


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-02-04 02:04 | ハダシ・デ・パレード | Comments(0)