人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 06月
2019年 05月
more...
タグ
(372)
(73)
(45)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
手を掛けつづけてこそ
キッチンのワークトップを木製にするかどうか。
基本設計の頃、悩んだ記憶があります。

水を使い火を使う場所です。
メンテナンスや耐久性を考えると、ステンレスや他の材料の方が合理性があります。
しかしながら、仲のよい家族が食事や調理以外の時にも「自然とそこに居座ってしまうような…」、そんなキッチンを目指していた【mnk】は木製で造りましょうと話し合いました。

そして暮らし始めて2年の月日が経ち、この日は1回目の再塗装です。
丁寧に使っているからでしょう、ワークトップにはすでに味が出てきています。いつもみんながどこに座っているのかも一目でわかります。

五月の風がそよぐ中、塗装屋さんとヒトチカと奥様の4人で、磨いては塗って乾かし、磨いては塗って乾かし、磨いては塗って乾かしました。
あの時の悩みは杞憂のようです。世話のかかる木だから、手の掛け方があり、そこから愛着が積み重なっていくように感じます。
a0180552_23465196.jpg

あと少ししたら、子供達が帰ってくる時間です。
奥様気合の張り紙が、にらみをきかします(笑)。
今夜はキッチンの休養日です。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-05-30 05:30 | オシゴト | Comments(0)
ローカルディテール-008 適切な配置
a0180552_1434083.jpg

細くて薄くいシンプルな構成は、近代以降の手柄ではなく。
その精神を求められる場には、近代以前から佇んでいた。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-05-27 05:27 | ローカルディテール | Comments(0)
いよいよのてごたえ
家づくりには大きく10回の節目があります。

建てようとする決心
相談先の決定
1stプレゼンテーション
設計契約
1st見積
工事契約
地鎮祭
上棟式
施主完了検査
引渡し

家づくりはいつだって盛り上がったり、落胆したり、平坦でない道のりです。

もちろん引渡し後にも、点検や酒盛りとかもありますし、この他に住宅ローンの本審査や、建築確認申請等を節目とすることもできます。ただ上記のこれらは、施主様にとって「てごたえ」が伝わってくる節目ではないでしょうか。

そして、この中において地鎮祭は、「いよいよ」工事がはじまる感慨深い瞬間です。

プロトハウス事務局さんより紹介していただいてから約1年、house imr -ヒバルコテージ- の地鎮祭が執り行われました。5月の中旬と言えども、日差しは強く地面が眩しいくらいです。これから竣工の日まで、安全に誠実に工事が捗りますよう、二礼二拍手一礼。氏神様にお祈りしいたしました。
a0180552_16144497.jpg

終了後、施主様との会話から「いよいよなんだ」と感じているのが伝わってきました。
私達もいよいよ設計監理がはじまります。
気を引き締めてまいります。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-05-23 17:23 | オシゴト | Comments(0)
瓶の向こうに
今年の護国神社蚤の市は、五月晴れの市日和となりました。
おかげさまでクラシノブースも、たくさんのお客様でにぎわいました。

ついでにヒトチカ古瓶屋へも、ビンマニアの方々が来てくださりました。
世の中に、こんなにも古瓶好きがいたとは…!
興味深いことに、そのこだわりは様々です。
気泡系、うねうね系、光の屈折系、歪み系、和ガラス系、ラベル系、くすり瓶一筋系、ガラスの色系、蓋系、刻印系…等々。瓶素人のコバヤシに、自分のポイントについて熱心に解説してくれました。

びんすごい!!

瓶を通して、面白い人達とつながれるなんて。
そして、市を行き交う人を眺めながら、旅の記憶を思い出しました。

ある国でのできごと。
知り合った友との別れ際、彼女は印度タオルを私にくれた。
そしてまっすぐな目で話した。

「これは私のお気に入りのタオルなの。だから7枚も持ってる。
 で、決めたの。自分の大切な友達にあげようって。
 つまりね、私にはこれから7人の素晴らしい出会いがあるっていうこと。」


16本の瓶の先に、16人の出会いと人生がありました。
a0180552_16225340.jpg


【コバヤシ】

お買い上げくださりました皆さま、本当にありがとうございました。
どうぞ瓶を可愛がってやってください。
by hitonochikara | 2014-05-20 05:20 | オシゴト | Comments(0)
ヒトチカ古瓶屋
みがきにみがいた愛しい24本を、護国神社の蚤の市で販売いたします。

FORZAさんがプロデュースする「クラシノ」というチームがあります。

「あなたらしい暮らし探し」をキーワードに、建築、デザイン、アート、ものづくりや表現を楽しむ、または楽しみたいと思うすべての人が、日常の延長として立ち寄れるような、そんなボーダーレスな場所、状況づくりを目指しています。
-クラシノ公式サイトより抜粋-


ヒトチカは、クラシノが主催する『クラシノノミノイチvol.3』に参加することになりました。
福岡市美術館側鳥居の手前にある、黄色いコーンが目印のお店です。
アクセサリーや子供服、ポストカードにまぎれて、ちょこんとしております。

本来なら古民家の解体時に、処分されてしまったであろう瓶達。
倉庫片隅で、さわるだけで手が真っ黒になっていた瓶達。
彼らを丹精こめてピカピカにしました。
現代っ子の瓶達にはないアナログな存在感です。
a0180552_17382699.jpg

興味のある方は、ぜひ護国神社蚤の市でお待ちしております。

■第19回 護国神社蚤の市
期間:2014年5月17日~5月18日
時間:9:00~15:00(雨天決行)
会場:福岡市中央区六本松1-1-1 福岡県護国神社参道
URL:http://g-nominoichi.petit.cc/banana/

■クラシノノミノイチ Vol.3
URL:http://kurashino.org/archives/event/kurashino-nominoichi_vol3


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-05-16 05:16 | オシゴト | Comments(0)
五感をたよりに
旅の嗅覚がはたらいてしまい、用事も終わったので道草してみる。

心細い坂道を登っていく。曲がり角のたびに民家があり、ひっそりした感がある。
登りついたところには小さな教会。
清掃の行き届いた丁寧な使われ方。
正面のタブノキにつるされた実用的な鐘。
信仰が生活の一部である地域特有の、分相応の美しさがしみてくる。

入り口のアーチより振り返ると、そのタブノキの向こうに角力灘と島々が広がる。
伊王島や高島、端島(軍艦島)が見える。
a0180552_14392936.jpg

そこはただただ静かで。
とりとめのない思考を続けながら、ぼんやりと座っていた。


■善長谷教会|長崎ギフト南蛮館サイト
http://nanbankan.blog72.fc2.com/blog-entry-315.html
19世紀初頭、「カクレ」であった六家族が旅芸人を装い、この地までたどり着いたという。
明治維新以降は、カソリックへ改宗の呼びかけに応じた者達が残り、今に至るらしい。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-05-13 05:13 | コバヤシの日々 | Comments(0)
+クリエイティブ
新緑の5月、今年もデザイニング展の季節がやってきました。2014年のテーマは「DESIGNING?」。
2005年に「デザインが街を変える」でスタートしてから、いよいよ10回目となるそうです。素晴らしい継続力です、おめでとうございます。

そんなデザイニングに、ヒトチカは間接的に参加しております。
プロトハウス事務局さんの『住まい+クリエイティブ』にて、パネルで参加です。

住まいに「クリエイティブ」をプラスするということ。その行為がなにを意味するのか、どんな物語を誕生させるのか。数多くの住まいを、建築家と共につくりつづけてきた私たちは、それを考え、表現することができればと考えました。イベント期間中は、さまざまであろうその答えたちを、パネルなどで展示いたします。それは建築家や住まい手の空想の中に入り込んで、住まいの新たな可能性を追体験することに他なりません。そこに、一つでも一瞬でも、不思議な世界が現出すれば本望です。創造への入り口で、お待ちしております。
-公式サイト DESIGNIG?より抜粋-


以前から私の中に「説得力のある美しさとは?」という問いがあります。
集落を旅して考えると、それは私達設計サイドになく、住まい手が使いこなしていく過程で表れるように感じます。つまり、竣工後の住みこなしの工夫こそが「+クリエイティブ」だと、捉えることができます。

これについての文章と、これからはじまる計画についてのパネルを設営してきました。
興味のある方は、ぜひお越しください。
ついでにそんな事例について、考えていきたいと思います。
a0180552_23312310.jpg

■DESIGNING? / 住まい+クリエイティブ [プロトハウス事務局]
期間:2014年5月9日~5月12日
時間:11:00~18:00
会場:福岡市中央区今泉1-08-25季離宮2F
電話:092-741-5613
URL :http://www.protohouse.net/


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-05-09 22:30 | オシゴト | Comments(0)
瓶をみがく
帰社後、古い瓶達を洗って磨きました。
ラベルが残っているものは慎重に、汚れが酷いものは丹念に、一本々々丁寧に。

夕日を背に並べてみると、磨き上げられた瓶達は見事に光っていました。
閉じ込められた気泡も、今となっては手作りの名残で愛しいばかりです。

a0180552_040449.jpg

古い瓶が24本、昔の輝きを取り戻しました。
野花を生けたり、いろいろ楽しめそうです。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-05-06 05:06 | オシゴト | Comments(0)
はちあわせ
突然の連絡は4年ぶりの再会となりました。
一人目は、東京から帰省して、今は大分で稼業を継いで頑張っているとの事。目つきがしっかりしていました。これまでの経験を活かして、新しい方向性へも挑戦しているなんて、変わっていないようで嬉しいです。

そうしているうちに、もう一人やってきました。
彼は二徹明けらしく変なテンション(笑)。仕事をがんばっているようです。

a0180552_231370.jpg

世代の異なる二人が、同じタイミングで来るなんて。
何かの兆しなんでしょうか?

そして、初めて顔をあわせたのに、もう仲良くなっています。
学生の頃から、どっちも建築バカでした。
新緑の下、春の風、芝生に座って時間の許す限り語り合いました。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2014-05-02 05:02 | ハダシ・デ・パレード | Comments(0)