人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 06月
2019年 05月
more...
タグ
(372)
(73)
(45)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
点検ランチ
なんとなく、なんとなくです。気が付けば竣工後の点検業務は再会の喜びを分かち合う時間となり、みんなで食卓を囲み、ご飯をいただくようになっていました。
【mnk】さんや【dbc】さんが作ってくれたこの流れを、その後の施主様たちも受継いでくださり、なんとなくそうなってきたようです。手間も時間もお金もかかっているのがわかるご馳走と対面するたびに、負担をかけさせてしまい申し訳ないと思いつつも、そのご家族らしさが伝わってくるメニューと美味しさに、ついつい甘えさせていただいております。施主の皆様、本当にありがとうございます。

この日は【skr】さんの一年点検でした。点検の終わりが近づいてくると、1階から美味しそうな匂いと音がしてきて、階段を降りると長いテーブルにお昼ご飯が用意してありました。きっといつもこんな感じで食事がはじまるのでしょう。設計の時に話し合った暮らし方や家族の性格、距離感など、いろいろと思い出していました。

a0180552_1532937.jpg

平日の昼下がりに静かな空気を吸い、談笑しながらのご飯を食べる、〆切に追われる日々の疲れが薄まるようです。
聞くとご主人のKさんは、家族の朝食を作るのが日課になったらしく、味噌汁のこだわりについて話してくれました。そんなキャラクターじゃなかったのでびっくりしつつも、ここでの暮らしを満喫しているのが伝わってきて嬉しい気持ちになりました。

家を設計する仕事の喜びは、こうやってつながって行くのだろうか。ふと、そんなことも考えていました。


【コバヤシ】
S様、とても美味しかったです。ありがとうございました。
by hitonochikara | 2015-04-30 16:30 | オシゴト | Comments(0)
デザインはどこから来るのか?
打合せに向かう道中で、プロトハウス事務局の桑原さんから表題の問を聞かれました。
いつものギャグではなく真面目な質問でびっくりしつつも、自問自答しているテーマだったので嬉々として回答しました。

数日後、確信を得たかのように、桑原さんはこの問いについてブログを書かれました。せんだっての住宅提案を通して考えたこと、そしてヒトチカの設計手法について、丁寧に掘り下げてくださりました。

私達は建築観や設計手法について、あまり公で話すこともありませんし、第三者からの視点で言説されることもほとんどなかったので、桑原さんのあたたかい文章を何度も読み返しました。理解される喜びは人に力を与えてくれます。明日への活力が湧いてきます。

デザインはどこから来るのか?

この答えを探して大陸をうろうろした人間です。最近やっと、答えのようなものを触れるようになってきた気がします。
a0180552_22251297.jpg


■家旅「デザインはどこから来るのか?」
http://ie-tabi.club/?p=332


【コバヤシ】
人の力設計室は地味に時間のかかる事務所です。それでもこうやって建築をつづけていられるのは、理解者に恵まれているからです。いつもお世話になっている皆様、あらためて心より感謝申し上げます
by hitonochikara | 2015-04-23 04:23 | オシゴト | Comments(0)
ポール・スミザーさんから教えてもらったひみつ
a0180552_20185269.jpg

今年の1月にコミセンわじろで、ポール・スミザーさんの講演会が行われました。
NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』で紹介されていた農薬や肥料に頼らない庭づくりが気になり、もっと話を聞きたくて行ってきました。

彼の講演会はサービス精神にあふれていました。特にあのなりきりカブトムシ。
わさっと両手を広げてステージを歩きまわる様子は、まさしくカブトムシです。
それから度々、植物のことを「本人たち」と呼んでいたり。人と植物は同じ生き物として、
上でも下でもない立場で向き合っているのが伝わってきます。そんな彼の観察と手入れが欠かせない庭づくりからは、第一線で活躍される方々に共通する姿勢と覚悟が受け取れました。
やっぱり都合の良い魔法なんてないのですね。

最後に、スミザーさんのたくましい畑の作り方をひとつ。
同じ種類の野菜や苗を一列に並べて植えると、虫や鳥に食べられて全滅しやすいので、違う場所に違う種類と植えると良いのだそうです。1ヵ所にまとめないことで、虫たちもおいしいものに気が付かず、苗が生き延びることがあるみたいです。スミザーさんは、時期もずらして植えて生育状況を観察されるとか。

■GARDEN ROOMS
http://www.gardenrooms.jp/
■NHKプロフェッショナル仕事の流儀「大事なものは、足元にある ポール・スミザー」
http://www.nhk.or.jp/professional/2014/1201/


【カタオカ】
by hitonochikara | 2015-04-16 07:25 | カタオカの日々 | Comments(0)
自分の目で 自分の言葉で
せんだってFAF(福岡建築ファウンデーション)のサロン『007|建築について語ること|清原昌洋』に参加してきました。この回はいつもと趣向が変わっていて、まず清原さんの設計した「星の家」を見学して、感じたことを自分の言葉にする、という体感型レクチャーでした。

意識的な言語化はなかなか難しいもので、専門家であっても苦心する作業です。空間について語るなんて初めてという方も多かったようでしたが、集中して発せられた言葉は気持ちのよいやりとりでした。

後半は4人の建築家がプロの目線で、清原さんの近作について語る展開へ(コバヤシも語る係でした)。以前、感想をメールで送っていたのですが、それを皆の前で発表するという…。同じ建築を見ても四者四様の視点と表現で、建築の見方、感じ方は自由でよいことが伝わったかと思います。
a0180552_053264.jpg


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2015-04-09 16:09 | コバヤシの日々 | Comments(0)
月刊二人力 2015/04月号
a0180552_1639326.jpg

八人力WEBがはじまって1ヶ月がたち、あっという間に桜が咲きました。
ヒトチカの二人は仕事の合間を見つけて原稿を書いたり、インスタグラムを投稿したり、他のサイトからシェアしたり、地道にコツコツ更新しております。

というわけで八人力の活動宣伝を兼ねて、私達が投稿した記事を紹介する『月刊二人力』をヒトチカ日記で始めてみます。

■written byコバヤシ
おにぎりの旅 / 「おにぎり持って旅に出よう」
建築レビュー / 「その後の島キッチン」
コヤコレ / 「木板張り放し切妻屋根型」
Archive / 「NEW JOB GUIDE TOUR」

■written byカタオカ
カイテキトイレ / 「vol.1はじめまして。」
コヤコレ / 「これも小屋であ~~~~る」

ちなみに今日は八人力のセルフロゴコンペの発表日だったり。どんなアイデアが集まってくるのでしょうか?


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2015-04-02 16:42 | ハチニンリキ | Comments(0)