人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 06月
2019年 05月
more...
タグ
(372)
(73)
(45)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ヴォ・チョン・ギアの講演会「Save our Earth」のお知らせ
ヴォ・チョン・ギアの講演会「Save our Earth」のお知らせ_a0180552_14175159.jpg

最後となる4本目はベトナムで活躍しているVo Trong Nghia(ヴォ・チョン・ギア)さんです。ギアさんは東大の大学院を卒業後してから内藤廣設計事務所で修行をしており、日本に縁のある建築家です。
竹を構造材として使用し、東南アジアの気候を活かした建築を得意としています。ミャンマーで学校をつくりたいコバヤシにとっては、好奇心をくすぐられる内容なので、非常勤の講義が終わったらダッシュで参加してきます。

Vo Trong Nghia 「Save our Earth」/ 九産大建築レクチャーシリーズVol.19
日時:10月21日(水)18:00~20:00
場所:九州産業大学2号館1階円形ホール
会費:無料


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2015-10-21 01:21 | オシラセ | Comments(0)
葉祥栄の講演会「Aesthetics and Ethics」のお知らせ
葉祥栄の講演会「Aesthetics and Ethics」のお知らせ_a0180552_1532856.jpg

3本目となるレクチャーは、福岡を代表する建築家の葉さんです。来福した世界中の建築家が見たがる建物といえば、まず彼の名前が挙がると言っても過言ではありません。繊細なディテールでつくられたガラスの建築は、多くの人を魅了しました。
野武士世代(安藤忠雄や伊東豊雄さん達の世代)である葉さんが、この時代に何を語ってくれるのでしょうか。残念ながらコバヤシはまだお話しを聞いたことがなかったので、気合を入れてレクチャーに望みたいと思います。

葉祥栄「Aesthetics and Ethics」/ 九州産業大学工学部住居インテリア設計学科オープンセミナー2015 vol.3
日時:10月14日(水)14:40~16:10 
場所:九州産業大学1号館S201教室
会費:無料
※講演会の聴講は無料ですが事前に申込が必要です。詳細は上記WEBにてご確認ください。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2015-10-09 10:09 | オシラセ | Comments(0)
赤松佳珠子の講演会「地域の建築」のお知らせ
赤松佳珠子の講演会「地域の建築」のお知らせ_a0180552_134226.jpg

2本目はCAt(シーラカンスアンドアソシエイツトウキョウ)の赤松さん、生活や環境、教育のプログラムで解かれた個性的な住宅や学校を得意としており、3年前に見学した熊本県の宇土小学校もCAtさんの設計でした。またシーラカンスは設計後も使い方の調査をしているらしく、計画学的にも興味深いところがあります。
つくり方からつかい方やしらべ方まで、幅広くつっこんだお話が聞けるでしょうか楽しみです。

赤松佳珠子「地域の建築」/ 九産大建築レクチャーシリーズVol.18
日時:10月10日(土)18:00~20:00
場所:九州産業大学2号館1階円形ホール
会費:無料


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2015-10-07 10:07 | オシラセ | Comments(0)
月刊二人力 2015/10月号
月刊二人力 2015/10月号_a0180552_1515148.jpg

写真は最近の版築部、大石さんがバナナをほおばっています。
実験を地道に繰り返してきましたが、そろそろ次の段階に入ってきました。
おいおいWEBにてご報告いたします。

■written byコバヤシ 
・ハシコレ/ 「安富橋 -寅さんも渡った赤い吊り橋-」

■written byカタオカ
・カイテキトイレ / 「とねりこさんにあった窓辺」



【コバヤシ】
by hitonochikara | 2015-10-02 22:02 | ハチニンリキ | Comments(0)