人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
タグ
(348)
(70)
(37)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ミラノへ

a0180552_04081272.jpg


ヒトチカは今年もbud brandより、イタリアのミラノデザインウィークへ出展します。


昨年末から波佐見へ通い、菊祥陶器さんと一緒に器を製作しました(詳しい内容は八人力のWEBで紹介しています)。


重ねても使える、白く薄い器「White Lotus」。

かなり厳しいスケジュールでしたが、ギリギリなんとかなりまして、器と一緒にコバヤシがミラノへ行ってまいります。


そんなわけで、コバヤシは3/31(金)~4/10(月)まで不在となります。皆様にはご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。


【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2017-03-29 03:29 | ハチニンリキ | Comments(0)
福岡デザインレビュー2017

ハダパレでは卒業設計を挑むにあたり、2つ伝えていることがあります。

一つ目は10年後も考えられるテーマであること。今は4年間の学びで設計し、実務が解ってきた3年後、資格を取っているであろう5年後、そして独立しているかもしれない10年後と、同じテーマを追いつづけ、その時の答えを出せる人であってほしい。

二つ目は将来、自分が実現したいと思えるものをつくること。人生をかけたい建築について考える時間が、卒業設計にはたっぷりあります。だから自分を掘下げて、社会や他者と対話して、そんな建築を見出してほしい。

これを真に受けたと言ったら怒られそうですが、卒業後も実践しているOBは意外といまして。3年前のこの子も長崎に長屋をつくるために、1年前のこの子も島に移住して活動するために、今は苦しみながら設計の修業をしています。

a0180552_17574138.jpg

そして今年のチーム枯葉の面々もその覚悟で1年間闘いました。
結果、デザインレビューでは写真のニパチが豊田啓介賞を、なみねぇが岸上純子賞とJIA賞を受賞しました。彼らに話を聞いてみると、実現する気満々です。

社会の厳しさについて諭されることがおおいかもしれませんが、社会ってそんなに悪い所じゃないです。
どうかその勢いを忘れずに。


【コバヤシ】

[PR]
by hitonochikara | 2017-03-22 03:22 | ハダシ・デ・パレード | Comments(0)
Life is Fruity
a0180552_03130933.jpg

写真は、平日のミニシネマにできた行列。

その大半は私の父母くらいの年ごろで、やはりこの映画には彼らを引付ける魅力があるのだろう。

その映画は『人生フルーツ』。

建築家の津端修一(90)と妻英子さん(87)の生活ドキュメントで、庭で70種類の野菜と50種類の果実をつくる四季を追っている。一見すると田舎の老夫婦にありがちな農耕生活のようだが、彼らはより計画的(建築家らしく)で、野菜や訪問者と誠実に対話をしていた。

さながらそれは理想的な余生のよう。けれども、私には津端さんがまだ建築家として闘っているように見えてしまう。なぜなら、経済合理主義の団地の片隅で「各住宅が緑のストックを担えば、里山と同じ環境が再構築できる」という持論の実践が、この自邸を囲む庭と雑木を育んでいるからだ。


だが、やはりというか周辺の住宅に同様の環境はあまり見られない。それが彼の戦況であって、自らが楽しみながら暮らすことで、その環境と生きる素晴らしさを訴えているようだった。


津端さんの闘いはまだ終わっていない。この映画や彼の著書を読んだ人達がそのバトンを受け継ぐ以上、闘いはつづいてる。



【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2017-03-15 03:15 | コバヤシの日々 | Comments(0)
検査と虹

せんだって【ski】の竣工検査がありました。

完成した住宅に問題がないか、S様と一緒に確認していきます。内部を終えて外部検査をしようとみんなで玄関を出ると…

a0180552_03060281.jpg
あ、虹!

大きな虹がくっきりと街の上を渡っていました。

検査の日に虹だなんて、お天道様もやってくださります。


検査の方は、S様がいつも定例に参加してくださったこともあって、大きな問題もなく終わりました。

これから引渡して引越しするわけで、やっぱり少しさみしい気持ちになります。

それにしてもS様、虹に会える検査なんて珍しいです。なんかいいことありそうですよ。


最後まであと少し、よろしくお願いいたします。


【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2017-03-08 03:08 | オシゴト | Comments(0)
犬のトイレシートも快適に
a0180552_275829.jpg

これ、何だと思いますか?
犬のトイレシートを敷くための試作品トレーなんです。板金職人さんにお願いして作って頂きました。

室内犬を飼っておいでのS様。犬が壁の出隅部分におしっこをしてしまうんだとか。
壁から床まで、もたせかけるように何枚かのトイレシートを重ねて敷いて使っていらっしゃるご様子。お住まいの新築に合わせて、壁や床を汚さないようトイレシートを受けるトレーを使ってみませんかとご提案しました。

屋根外壁に使うガルバリウム鋼板で製作すると汚れをさっと拭き取りやすそう。
現場着工後、板金職人さんに初めてお会いした日、早速トレーについてご相談です。

「いいですよ、試作品を作りましょう。」と笑ってご快諾。
お聞きすると、小型犬を何匹か室内で飼っておいでとか。職人さんのご自宅で使っていらっしゃるトイレシートに合わせてこの試作品トレーを作ってくださいました。

高さがちょうど良くて、トイレシートの上の方を少し折りこんで壁で押えるようにするとシートが下がりにくいと大好評。巾を調整して幾つか作って頂きました。
そろそろ始まるS様のご新居での生活。犬にも快適に過ごしてもらえますように。


【カタオカ】
[PR]
by hitonochikara | 2017-03-01 23:55 | オシゴト | Comments(0)