人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
タグ
(346)
(68)
(36)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
はなまるえがお ドイツへ

a0180552_21042643.jpg
ドイツ菓子職人の資格取得へと旅立った友人阿部ちゃん。その先には「人が笑顔になる場所づくり」という野望があるようで、そのための取材と記録のウェブサイトを更新していくそうです。

■はなまるえがお
http://hanamalegao.com/entry


28歳での旅立ちは、私が集落実測へ出かけた時とほぼ同じタイミングでなんだか他人ごとではありませんでした。
あのとき応援してくれた先輩方のおかげで、バックパッカー初心者の私は実測に専念できました。彼女の背中を押すことで、その感謝を少しだけお返しできたでしょうか。


阿部ちゃん、強くなって帰っておいで。ウェブサイトは定期的に更新するんだよ。


【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2018-03-28 03:28 | コバヤシの日々 | Comments(0)
さよならアキ中

a0180552_01414480.jpg
アル中でなくてアキ中は、中毒になるほど建築にはまってほしくて付けた名前。だったのですが…1人減り2人減り、卒業まで残ったのは半分だったアキ中。

減った原因を振り返ってみると、真剣に学ぶことを揶揄する同調圧が例年よりも強かったと感じます。そんな空気を読みもせず、他人の評価を気にせずやりぬいた彼らは、これからどんな人生を歩むのでしょうか。

アキ中の皆さん、卒業おめでとうございます。個性あふれる君たちが選んだ個性的な働き方を福岡の地より応援しております。
ひるまずはげめ!

【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2018-03-21 03:21 | ハダシ・デ・パレード | Comments(0)
福岡デザインレビュー2018

最近は卒業設計イベントの数が増えてきて過渡期にあるようで(地方ごとに開かれている状態)、イベントの必要性について議論されたりしています。確かに出展数が分散してしまい、数年前と比べると密度がおちた感は否めませんが、それだけ心血を注いだ研究と設計を講評して欲しい学生の叫びが形になっていると感じます。

実際にハダパレの子達は、北九州のイベントtonicaを皮切りに、仙台のイベント卒業設計日本一、福岡のデザインレビューとはしごして帰ってきます。2年生や3年生はこの期に日本を縦断しながら各地の建築を見て回り、4年生はイベントを終えるごとに顔つきがたくましく変わっていきます。反省会で再会すると、この1ヵ月でこんなにも成長するのかと驚くほどです。

a0180552_17262698.jpg
デザインレビューは、ヱビスが千葉雅也賞とJIA賞、キリンがJIA賞を受賞という結果で終わりました。イベントに参加せず海外へ建築視察に行くのも悪くないですが、卒業設計ができるのは一生で一度。顔つきが変わって、吐く言葉の説得力が増すのだから、この貴重な体験を選んでほしいと思います。

ある意味、作品と一緒に日本を旅するのですから。



【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2018-03-14 03:14 | ハダシ・デ・パレード | Comments(0)
現場のよこで

a0180552_18515068.jpg
足場ごしに見えるのは、四角い溝と刈敷きされた野草。
【kwk】の現場のとなりでは畑の準備がはじまりました。
K様に聞いてみると「草マルチ」という地面を草で覆う方法とのこと。雑草が生えにくくかつこのまま緑肥になるそうです。

三寒四温の季節になり、梅は満開。工事は進みます。
棟梁は「暖かくなってきた」と喜びながら、外壁の鎧張りに精を出していました。
もう春ですねぇ。


【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2018-03-07 03:37 | オシゴト | Comments(0)