人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2020年 02月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 06月
more...
タグ
(373)
(73)
(45)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
タグ:【ski】 ( 4 ) タグの人気記事
検査と虹

せんだって【ski】の竣工検査がありました。

完成した住宅に問題がないか、S様と一緒に確認していきます。内部を終えて外部検査をしようとみんなで玄関を出ると…

検査と虹_a0180552_03060281.jpg
あ、虹!

大きな虹がくっきりと街の上を渡っていました。

検査の日に虹だなんて、お天道様もやってくださります。


検査の方は、S様がいつも定例に参加してくださったこともあって、大きな問題もなく終わりました。

これから引渡して引越しするわけで、やっぱり少しさみしい気持ちになります。

それにしてもS様、虹に会える検査なんて珍しいです。なんかいいことありそうですよ。


最後まであと少し、よろしくお願いいたします。


【コバヤシ】


by hitonochikara | 2017-03-08 03:08 | オシゴト | Comments(0)
犬のトイレシートも快適に
犬のトイレシートも快適に_a0180552_275829.jpg

これ、何だと思いますか?
犬のトイレシートを敷くための試作品トレーなんです。板金職人さんにお願いして作って頂きました。

室内犬を飼っておいでのS様。犬が壁の出隅部分におしっこをしてしまうんだとか。
壁から床まで、もたせかけるように何枚かのトイレシートを重ねて敷いて使っていらっしゃるご様子。お住まいの新築に合わせて、壁や床を汚さないようトイレシートを受けるトレーを使ってみませんかとご提案しました。

屋根外壁に使うガルバリウム鋼板で製作すると汚れをさっと拭き取りやすそう。
現場着工後、板金職人さんに初めてお会いした日、早速トレーについてご相談です。

「いいですよ、試作品を作りましょう。」と笑ってご快諾。
お聞きすると、小型犬を何匹か室内で飼っておいでとか。職人さんのご自宅で使っていらっしゃるトイレシートに合わせてこの試作品トレーを作ってくださいました。

高さがちょうど良くて、トイレシートの上の方を少し折りこんで壁で押えるようにするとシートが下がりにくいと大好評。巾を調整して幾つか作って頂きました。
そろそろ始まるS様のご新居での生活。犬にも快適に過ごしてもらえますように。


【カタオカ】
by hitonochikara | 2017-03-01 23:55 | オシゴト | Comments(0)
任せとかんね
任せとかんね_a0180552_0342970.jpg

まだ秋の暖かい雨が降っていた11月、上棟式の日を迎えたhouse skiです。
雨を避けるために予定を変更して迎えたこの日、朝から雲一面の空。
少しでも晴れ間があるといいなぁ。そう思いつつ現場に向かうと、予定を変更したにも関わらず、他の現場の大工さんも応援にかけつけてくださっていました。嬉しい。

施主様がご準備くださったボリュームたっぷりで美味しいお弁当に現場の皆様とびっくり。
並んで抱えて頬張りながら、工事のことやこれからの天気のことなど、心配ごとを施主様と一緒に棟梁に話してみると、一言。

「任せとかんね。」

棟梁。かっこよすぎます。もう鮎川誠にしか見えません。

しっかり食べてお腹は大満足。ひと休みも終わって午後の現場が始まりました。
地下足袋を履いたお二人。棟梁と、この現場で一緒腕を振るってくださる棟梁のご子息。
垂木のかかった屋根廻りを、低いところと同じようにきびきび歩いて行かれました。
うだるように暑い夏も、手がかじかんで動かなくなる冬も、彼らの心意気と技術に支えられて少しづつ現場は進んでいきます。
ぴんと冴え渡る空気は好きなのですが、どうか、雪がちらつくような寒い日の少ない冬でありますように。


【カタオカ】
by hitonochikara | 2016-12-21 08:05 | オシゴト | Comments(0)
ついのかたち
終の住処とは、どんな場所なのか。
何を大切にするべきか、じっくりと考えるきっかけをいただきました。

残された側の過ごし方。
共に暮らす絵画や犬達の居場所について。
お二人のこれからについて伺いつつ、終(つい)を考える家づくりです。

テキパキと進めながらも、夫婦漫才のような打合せ。その合間にお二人は車で遠征したり、酔っ払って怪我して現れたり。これまでそんな日常をおくってらしたのだと思うと、なんだかコメディの効いたロードムービーの様です。

ついのかたち_a0180552_1417317.jpg

そして、この日は地鎮祭。
手水のある清爽な儀式でした。

始終楽しそうに進む家づくりを通して、歳を重ねる意味を学んでいます。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2016-11-16 16:16 | オシゴト | Comments(0)