人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 06月
2019年 05月
more...
タグ
(372)
(73)
(45)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
タグ:【tir】 ( 14 ) タグの人気記事
再会という名の御馳走

a0180552_05424022.jpg
道路に浮かぶ逃げ水のように2週間先に休日はあって、延々と走り続けているヒトチカにとって、点検は休日のように穏やかな側面があります。


会いたかった家と人に会い、不具合がないか確認しながら暮らしぶりを伺う。
そして持ち寄ったご馳走とお酒があっという間に時計の針を回す。
やはり私達は人が好きで、建築は生活の背景であってほしい。


写真は【tir】の点検BBQから一枚。
Yさんがこだわりぬいて焼いたお肉をみんなでペロッとタイラげました。
やはり休日と呼ぶわけにはいかないけれど、点検はヒトチカにとって大切な充電日です。


【コバヤシ】
Tさん、いつも趣向を凝らした点検酒盛りを催してくださりありがとうございます。


by hitonochikara | 2018-10-31 22:31 | オシゴト | Comments(0)
キッチンから見えるもの

表題は、設計で大切にしていることのひとつ。

毎日の食事は、毎日の調理のおかげにあるわけで。
だからキッチンは、食事をつくる人が美しく映える場所であって欲しい。
そして、そこからは飽きないものが見えると尚良い。
朝日を浴びる山々や宿題をする子供達、季節を写す庭の草花。
日々繰り返される行為の大切さが、更新される風景で裏付けされるように。

a0180552_02412132.jpg
写真は【tir】のキッチンから一枚で。
食卓でたこ焼きをつくるYさんとYくん、それを接写するハリガネカメラマン。
この日は撮影会でいつもながらの楽しい一日でした。

またひとつ、キッチンから見える風景の記憶が更新されました。


【コバヤシ】


by hitonochikara | 2018-06-20 06:20 | オシゴト | Comments(0)
すっぱいもの好き

a0180552_01560895.jpg
実はコバヤシ、すっぱいものに目がありません。普通の人ならすっぱさのあまり四白眼になるくらいのものが好物だったりします。


この日は【tir】の撮影予定が天候不良で延期なったはずだったのですが…「いいから飲もうよ!」と言われるがままにお邪魔してしまいました。
写真はお気に入りの柚子酒に、蜜柑農家のG様より頂いた青い蜜柑をぎゅっと絞っているところ。この飲み方がすっぱいもの好きにたまらない美味さ!
案の定、飲みすぎて二日酔いになりました。


【コバヤシ】
T様、大変遅くなってしまいした。美味しいお食事をありがとうございました。
春に改めて撮影をお願いいたします。
G様、こんな感じで美味しくいただいております。ありがとうございました。


by hitonochikara | 2018-02-28 02:28 | コバヤシの日々 | Comments(0)
想い出の一枚

a0180552_20214111.jpg
この日は【tir】の一年点検、玄関の扉を開けると、手摺棚に懐かしい写真が飾ってありました。これはT様が引渡しの日に企画したもので、自分の言葉を書いたパネルを持って撮影しました。みんないい表情、それぞれの個性が出ています。
当たり前だけど、あれから一年経ってしまいました。

この後、点検は無事に終了して、ありがたいことに点検酒盛りを馳走になったわけですが…楽しくお酒を頂きながら、ふと考えていました。
自分は死ぬまでに、あといくつ建築をつくることができて、どんな人達に出会えるのだろう。

ヒトチカは施主様に恵まれていて、全力で設計に専念できる機会を頂いております。おかげさまで毎回発見があり、設計者冥利につきる環境です。一つつくりあげるたびに、次はもっと良い建築をつくろうと気持ちが深まります。

反面、このペースでいくと、そんなに多くの建築をつくることはできるはずもなく。覚悟はしているものの、生きている間に建築の深淵を覗くことができるのか、焦りがないわけでもありません。

だからこそ考えます。
人生に残されたつくる機会は、仕事を大切にできる人達と力を合わせて建築をつくりたい。
この写真のように。


【コバヤシ】
T様、美味しい水炊きをご馳走様でした、ありがとうございました。
次の企画でもお世話になります、よろしくお願いいたします。



by hitonochikara | 2017-07-12 19:12 | オシゴト | Comments(0)
音の場所 楽器の時間
a0180552_0255547.jpg

今年の5月にお引渡ししたhouse tir。
天気の良い週末の午後、半年点検でおじゃまさせて頂いてきました。

ちゃんとするクスの香り。爽やかで身体にすっと入ります。
ドアを開けて玄関の棚には、行儀よく並んだアルミの酒器とドライフラワー。
ダイニングに向かうと、前のお住まいでも流れていた心地よいジャズが聞こえてきました。
ああこの感じ。T様のお住まいだなぁ。

早々に半年点検が終わり、プロトハウスさんと現場監督さんと揃ってランチパーティーの始まりです。
アヒージョ、生春巻き、サラダ。ダイニングテーブルに並んだ彩り鮮やかな料理の数々。
普段自分の食卓には並ばない楽しいメニューに、ついあれこれと欲張りに。ついでに欲張って、靴下を脱いでクスの床を裸足で過ごさせて頂きました。
しっとり滑らかな足裏の感触。T様がここでの暮らしに向けて選ばれた時別なものでした。
クスを見学に行ったり、サンプルを持って帰られて裸足で確かめて頂いたり。
T様、すっかり馴染んで艶が出てきましたね。

空のお皿が増えてきた頃、ピアノコーナーではギターの弾き語りが始まりました。
曲を重ねて伸びやかになる声と音。そう言えば、どこか別のお住まいでも聞きましたっけ?


【カタオカ】
by hitonochikara | 2016-12-14 08:19 | オシゴト | Comments(2)
新しい朝
引っ越されてからの新しい生活は、どんな感じなんだろう?
気になるものの、実際に見たり話したりは、点検と言って遊びに行く時くらいです。なので、送られてくるメールや葉書は貴重な情報として、想像を膨らませながら読んでおります。

次の文章は、せんだって完成した house tir の施主様からいただいたメールです。
引っ越し直後は「誰かのお宅に住んでいる」感覚のメールでしたが、2週間後は「生活の変化」が伺える内容でした。

帰るとすぐに裸足になって足裏にクスの気持ちよさを感じ
ダイニングテーブルが届いて快適な食卓になり
洗濯機が新しくなり、家で乾燥ができ
マットレスを新調して眠りがよくなり
室内の空気がよく、喉の渇きやクシャミ、鼻づまりが少なくなったり
屋根裏で居眠りしたり

インテリアに興味がわき、買い物に行ったり
1階にテレビを置かなくなったのでボーッと見なくなり
朝が早くなったので皆んな早起きになり
朝ごはんはしっかり食べるようになり
早く会社に着くから仕事もはかどり

家族の会話も少し増え
おかげさまで、快適な生活を送っています


みんなの顔や動きが想像できて、うれしくて、やっぱり家づくりは面白い。次もがんばるぞと、改めて思いました。
お互いのイメージのピントが合うように、設計中はとことん話し合います。が、すべてが思うようにいくわけではありません。だからあの時話したがことが実現していたり、予想を超えていたりする時は、ほっと胸をなでおろします。
すこしでもそうなれるよう、今日も試行錯誤がつづきます。

a0180552_2395164.jpg


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2016-07-20 19:20 | オシゴト | Comments(0)
ハリガネカメラマン
a0180552_1839040.jpg

このところ針金さんとしゅっちゅう会っているような?
コツコツと撮影がつづいています。

これはオープンハウスの合間に撮影した house tir の一コマ。
北からの安定した光、それを柔らかく広げてくれる和紙の壁。これらが三層に連続する立体構成。その場にいれば体感できるので伝わりますが、写真で表現するには広角で工夫しないと収まらない住宅です。自分では思うように撮れなかったので、プロの腕に期待がかかります。

そういえば、最近独立して「針金建築写真事務所」になったのでした。
針金さん、改めましておめでとうございます。
各家々の点検酒盛でも「針金さんは呑みに来ないの?」と、よくよく施主様から尋ねられます。撮影の1回しか会っていないはずなのに、好評なのはハリガネカメラマン(←勝手につけたアダナ)の人間力と言えるでしょう。
針金さん、今度はぜひ点検酒盛にお付き合いください。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2016-06-29 18:29 | オシゴト | Comments(0)
感謝 #【tir】差入れ
a0180552_1134556.jpg


今回も施主OB様や友人からたくさんの差入れを頂き、本当にありがとうございました。
オープンハウス終了後に撮影そして引渡しという流れだったので、関係者一同で美味しく頂ました。コバヤシは昼ご飯を食べ損ねていたので、そのままエネルギーへ転換されたような、おかげさまで補給できました。

それから。
バタバタと段取りした引渡しも無事に終えて、全員退出。
現場監督さんが玄関ドアの鍵をかけて、施主様に鍵を渡しました。

【tir】は西側が正面となるので、陽が落ちるまで順光のため鮮やかにその姿が浮かび上がります。それをなんとなくみんなで眺めたあと、一人一人握手を交わしあいました。
やっぱり最後は涙声になっちゃいますね。

6月から新しい生活がはじまります。


【コバヤシ】
by hitonochikara | 2016-06-01 18:01 | オシゴト | Comments(0)
御礼 #【tir】
a0180552_3165237.jpg

【tir】のオープンハウスを無事終了いたしました。五月晴れで遠出したくなるような週末にも関わらず、たくさんの方々が足を運んでくださりありがとうございました。

今回はふと、気づくことがありました。施主OB陣が同じ事を口にしたのです。
「暮らし始めたら、どんなふうに変わるのだろう。」
自分達の体験を振り返っての言葉で、その光景を空想しながら見られているようでした。

竣工して引越す前の空っぽな状態は、まだ建築としての空間力でしかありませんが、暮し始めて住宅になり、年月を重ねるにつれて生活力があふれる家になってゆくと感じています。住みこなされた【tir】はどんな家になるのでしょうか。

最後に入居前に快くお貸しくださりました施主様、心よりお礼申し上げます。 重ねてプロトハウス事務局様、筑羽工務店様のご協力のものと、このような機会を設けていただき心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。


【コバヤシ】+【カタオカ】
by hitonochikara | 2016-05-25 23:25 | オシゴト | Comments(0)
ヒトチカオープンハウス #【tir】
a0180552_415023.jpg

オープンハウスのお知らせです。
宇美町にて計画しておりました house tir が間もなく竣工します。金管楽器を演奏する家族のための住宅です。
基礎練習にはかかせないロングトーンができるウォークインクローゼットや、実家から引っ越してきたピアノのためのコーナー、お母さんが一息つけるミニリビングなどを立体的に組合せました。

このたび施主様のご厚意により、内覧会を開催する運びとなりました。限られた時間ではございますが、ぜひおこしください。つきましては参加ご希望の方は5/19(木)までに、人の力設計室へご連絡(下記メールアドレス)ご予約をお願いいたします。折り返し詳しい案内状をお送りいたします。


■Open house tir -音の場所,楽器の時間-
日時:2016年5月22日(日)11:00~16:00
場所:福岡県糟屋郡宇美町
※1. 現地及び近隣に駐車場がございません。あらかじめご了承ください。
※2. 施主様の大切な住宅をお借りしております。 小さいお子様の同伴はご遠慮ください。

コーディネート:株式会社プロトハウス事務局
施工:有限会社筑羽工務店
設計:人の力設計室一級建築士事務所
[mail] hitonochikara@ab.auone-net.jp


【コバヤシ】+【カタオカ】
by hitonochikara | 2016-05-15 05:15 | オシラセ | Comments(0)