人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ:カタオカ ( 73 ) タグの人気記事
田根剛 未来の記憶 Archaeology of the Future
a0180552_03512193.jpg
昨年末までTOTOギャラリー・間東京オペラシティアートギャラリーで同時開催されていた田根剛さんの「未来の記憶 Archaeology of the Future」。IMS 8階 三菱アルティアムに会場を変え展覧会がスタート。先日展覧会初日に行われたトークイベントに行ってきました。

考古学的リサーチ。発掘。掘り起こす。建築を作るにあたって場所の記憶を辿る作業に時間と労力を費やす。言わば音楽家やスポーツマンが本番前にするトレーニングやウォーミングアップのようなものと仰っていて、身体の中にすっと入る考え方。展示第1室目はそのトレーニングを表す空間にしているという話。田根さんの頭の中に入るような感覚になるんだろうか。おもしろそう。
数日後、会場入り口でまずびっくり。これ、東京でもそうだったの?福岡だけ?

たったひとつの行為で解放されて座り込む私。ああ、平日の昼間で正解。貸切だもん。ずっとこの発掘現場見てられる。あ、人が来た。立たなきゃ。残念ーーー。
何のこと?って感じですよね。田根さんとアトリエの皆さんが数日福岡に泊まり込んで作られた今ここにしかないもの。是非、発掘現場にお出かけください。

■田根剛 未来の記憶 Archaeology of the Future
日時:2049年1月19日(土)~3月10日(日)
場所:三菱アルティアム IMS 8階
http://artium.jp/exhibition/2019/18-08-tane/
開館時間、休館日、入場料など詳細は上記アドレスにてご確認ください。


【カタオカ】

by hitonochikara | 2019-01-23 20:13 | カタオカの日々 | Comments(0)
ぼけますから、よろしくお願いします。
a0180552_12375812.jpg
まだお正月気分が抜けていない頃、映画を見に行ってきました。
87歳の母親、認知症。95歳の父親。その一人娘が撮ったドキュメンタリーです。

父親に「(介護は)わしがやる。あんたはあんたの仕事をせい。」と言われた娘はテレビディレクター。広島県呉市の1軒家に住むご両親と離れて40年ほど東京で独り暮らし。2つの世帯の形はそのままで、娘は2週間に1回程度帰省。家事は母親に代わって父親が頑張りつつ、ヘルパーさんに手を借りる暮らし方に変化していきます。
なんで分からないのかが分からないと歯がゆさが募り、死にたいと喚いて父親に叱られる母親の顔。リンゴの皮がむけたり針と糸が使えるようになっていく父親の姿。スクリーンの手前から聞こえる声。互いを尊重しつつ続く家族の形に息をのみました。

両親が認知症になったら私に何ができるんだろう。私が認知症になったら自分で気づくんだろうか。実際のところ、両親も私も認知症になったらどんな気持ちでいるんだろう。また少し認知症のことを分かりたい気持ちが大きくなった年明けでした。
笑って泣いたこのタイトル。こんな風に言い合えるってすごくいい。

■ぼけますから、よろしくお願いします。
■kbcシネマ
上映日と時間は上記アドレスで是非ご確認ください。


【カタオカ】

by hitonochikara | 2019-01-16 08:06 | カタオカの日々 | Comments(0)
寒中お見舞い申し上げます
a0180552_12173890.jpg
寒中お見舞い申し上げます。

2019年、始まりましたね。
年始のご挨拶が滞っておりますが、ヒトチカ始動しております。
まだ寒い日が続くと思うと体が縮こまって構えてしまいますが、こうして春が来ているのを目にすると嬉しくなります。
インフルエンザの流行を耳にする時季ですので、皆様どうぞご自愛ください。
本年も、よろしくお願い申し上げます。


【コバヤシ】+【カタオカ】+【アラマキ】

by hitonochikara | 2019-01-09 22:40 | ゴアイサツ | Comments(0)
デンマークの灯り展

a0180552_00581261.jpg
秋の日は釣瓶落とし、すっかり冷え込むようになりました。
先日は九州産業大学美術館で行われている「デンマークの灯り展」へ行ってきました。
人気の高いPHシリーズを皮切りに、ペンダントライト、フロアスタンド、デスクスタンドの名作が会場照明として展示されています。

中でも興味深かったのはポール・ヘニングセンのランプで、それらは人の目に優しく、グレア(眩しさ)を生じさせないよう研究を重ねており、住宅以外にもチボリ公園の外灯やテニスコート、野菜を育てる温室、さらに医療の現場でも使われていたそうです。
繊細な形状から漏れる優しい灯りは、使う人と場所が変わっても快適さと精度を落とすことはなく、彼の哲学と生きる姿勢が表れているようでした。

日が暮れる頃、こんな灯りに照らされる街って素敵です。

まだ観てないよという方は、10月21日(日)までやっていますので、大学の中の小さな美術館へ是非お越しください。


【カタオカ】

■デンマークの灯り展
日時:10月21日(日)まで 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所:九州産業大学美術館
料金:一般200円 大学生100円 高校生以下及び65歳以上は無料
詳細については、九州産業大学HP をご覧ください。

by hitonochikara | 2018-10-17 08:10 | カタオカの日々 | Comments(0)
#ミエルモノガミエル
a0180552_23513756.jpg
先日、八人力 新田さん にご指名頂き、コバヤシから新田さんの事務所スタッフへ向けたレクチャーがありました。題して「クラスアーキ課外授業vol.1 見えるものが見える」。
そう、授業と言えば宿題。コバヤシから参加者全員にいくつか宿題が出されていて、そのうちのひとつがインスタにタグ付して写真を投稿するというもの。でも授業1週間前になってもシーン・・・としている #ミエルモノガミエル 。皆・・・宿題サボって出席するのかな?人のこと言えないなー、私も急げ。

そうこうしていると授業数日前になり新田さんから写真が投稿され、続々とスタッフ皆様も写真が上がりだしました。そのタグで並んでいる写真はどれも見ごたえがあってオモシロイ!何が見えているのか分かるのです。そして血眼になって見ようとしている皆の姿も見える!!

授業当日は自分のイチ押し写真をプレゼン大会。その場に何度か足を運んだこと、へとへとになって探した先に見えたもの。そして、この宿題と正面から向き合った結果、テキストを綴って発表する人もいて、その熱が冷めることなく終了時間を迎えました。

でも見えるって何のこと?ですよね。気になられた方は、今も続く #ミエルモノガミエル を是非のぞいてみてください。見えるものが見えてきます。


【カタオカ】

by hitonochikara | 2018-10-10 23:41 | ハチニンリキ | Comments(0)
壁塗りも自分達で
a0180552_08420923.jpg
昨日 house goj の床塗りをしてきました。
先日の壁塗りは初めてですが、床塗りでしたらお任せを!ちょっとは勝手が分かります。今日は施主様とヒトチカで頑張るぞ。

「ぁあああっ、暑いっ。」
床塗りが始まったのは15時頃で、窓を開けてもまだ暑い時間帯です。覚悟はできていましたが頭から顔に汗が流れ始めました。
ふと横で床塗りされる施主様を見ると、床に汗がぽとぽと落ちています。おおっ!タオル!!と思ったら、塗り終えたばかりの床板が汗をちゃんとはじいてくれていました。

日が暮れる前に床塗りは終了。帰り道に施主様から頂いたみかんをぱくり。これは間引きで採った未熟なやつで、お店では買えない貴重なみかん!爽やかな香りと酸味が汗を吹き飛ばしてくれました。

壁に続いて床も自分達で塗った【goj】内覧会は今週末です。セルフビルドに興味のある方は是非!お見えになられてください。

■house goj -楽しく生存戦略-
日時:2018年09月01日 11:00〜17:00

※1.駐車場に限りがありますので、必ずご予約をお願いいたします。
※2.施主様の大切なお住まいをお借りしております。小さいお子様の同伴はご遠慮ください。

コーディネート:プロトハウス事務局
施工:平田住宅
設計監理:人の力設計室一級建築士事務所


【カタオカ】

by hitonochikara | 2018-08-29 08:29 | オシゴト | Comments(0)
壁塗りは自分達で
a0180552_15560437.jpg
床塗りはあるけど壁塗りはやったことないカタオカが、house goj の壁を塗ってきました。素人でもできると聞いた珪藻土系塗材ではありますが、本当に塗れるのかどうか不安なまま当日の朝を迎えました。

「これ大変ですよ、難しいぃぃぃ。」
現場に着くと施主様が脚立の上で汗をかきかき奮闘中。私も左官職人さんに教えてもらい、恐る恐る壁塗りに挑戦です。

ザッ、ザッ。ザッ、ザッ。
「厚さってこれくらい?ちゃんと塗れてるのかな。押えがまずいとせっかく塗ったところが削れるっ。なんでコテの上にたくさんつくんだ?手まで白くなってきた。それにしても入隅むずい・・・(カタオカ心の声)」

当り前ですが悪戦苦闘。でもそれが自分達で手を動かす醍醐味です。
ちょうどお盆休みに入ったこの日、施主様のご友人やお兄様がお見えくださった結果、なんと7名で夕方まで壁と向き合いました。

現在は壁塗りも終わって順調に工事は進んでいます。9月の初めには施主様のご厚意で内覧会が行えそうです。設計もワークショップ形式で行われた house goj にご興味のある方は、是非お見えになられてください。


【カタオカ】

by hitonochikara | 2018-08-15 18:45 | オシゴト | Comments(0)
住み継ぐこと
a0180552_18585613.jpg
早いもので8月。頭から汗が流れる毎日です。
先月、今年2月にお引渡ししたN様のお住まいにお邪魔させて頂きました。コーディネートをしてくださったプロトハウスさん、現場監督のKさんと久しぶりに集まって食事会です。

背も伸びてきたYちゃんはキッチンカウンターにあわせて作ったハイチェアへ、足をかけて上手によじ登ります。ここで食事の準備をされるお母さんとお店遊びをしたり、一緒に並んでおやつを食べたりしているんだとか。座らせて頂くとちょうど良い高さと距離感で、座り心地も良くて根っこが生えそう。

改修されたN様のお住まいは壁や建具の位置、仕上や色と、改修前とはかなり変わっているのですが、窓越しに見えるバルコニーのつつじや街並みはそう変わっていません。お住まいも風景も、こんな風に受け継がれて行くのでしょうか。改修前を思い出して、少し懐かしい気持ちになりました。


【カタオカ】
N様、皆様との楽しい時間を作ってくださりありがとうございました。思いっきり紙飛行機飛ばして、もりもり食べて、わっとお話して。あっという間のひとときでした。

by hitonochikara | 2018-08-01 08:42 | オシゴト | Comments(0)
日本の建築力を集めて

a0180552_01545799.jpg

先月、森美術館15周年記念展『建築の日本展』を見に行ってきました。
建築家や文化人がどのように日本建築を見つめ、作ってきたのか。写真、模型、書籍、図面、家具を通して、日本の建築を紐解く企画。

チャプターごとに壁へ掲げられた先人達の言葉は強く、会場はまるで1冊の「建築大辞典」のようで、読み進めるように歩を進めました。

大きな文字を読むことで強く意識したり、先見の明を今さら知ってため息が出たり。
時代を超えて愛される名立たる建築たち。注がれた時間と熱量は計り知れず、現状に留まらず挑戦し続けた姿勢や頭脳が形態として出てきているようにも思えました。

夏休みの楽しみにとお考えの皆様。写真撮影可能なスポットは何カ所かありますが、是非鉛筆とメモ用紙を持ってお出かけください。三角スケールを持って行くと100円割引もあるみたいですよ。

■六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展『建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの』
日時:4月25日(水)~9月17日(月)まで 会期中無休 ※時間はWEBをご確認ください。
場所:東京都六本木ヒルズ森タワー53階


【カタオカ】


by hitonochikara | 2018-07-04 17:44 | カタオカの日々 | Comments(0)
ソルダムな梅雨
a0180552_23125198.jpg
雨が強く降ったと思えば、かあっと陽が照る今年の梅雨。
【goj】の現場では天気の様子を伺いつつ、大工さんが外壁板にスクリュー釘を打込む日々。板張りも終盤にさしかかった頃、G様からすももの差し入れをいただきました。

果肉が透ける鶯色のソルダムという種類のすもも。
ひと切れ口に運ぶと、収穫して間もない果肉は硬くしまっていて、甘みと一緒に酸味が体中に広がりました。汗がひくような酸っぱさ!美味しい!

帰って数日後、お土産にどうぞと頂いたものを white lotus にのせて、ひと休み。
熟れて赤みが増した果肉へ包丁を入れて、したたる果汁をこぼしたくなくて、white lotus にのせる前にぱくり。あの日とは違う甘さになっていました。爽やかで、美味しい~!

G様、大切に育てられたすももをご馳走様でした。ありがとうございました。酸っぱいのも甘いのも、どっちも美味しくて手が止まりませんね。


【カタオカ】

by hitonochikara | 2018-06-27 22:57 | オシゴト | Comments(0)