人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ:カタオカ ( 73 ) タグの人気記事
藤城清治さんの世界
a0180552_0513345.jpg

先日「藤城清治 光と影の世界展」を見に福岡市博物館に行ってきました。
私の藤城さんの作品の記憶は、両親が読んでいた「暮らしの手帳」の表紙です。どちらかと言うと好きな作家さんではなく、潔い線を描くことを苦手としている人間としては、じっくり見ることを避けてきた作家さんの1人でした。
フレームに納まっているけれど、どこまでも続きそうな周りの世界を想像させる作品と、作品が出来上がった後、感極まって涙があふれた藤城さんの姿を日曜美術館で見て以来、気になっていました。

足取りをたどるように展示された作品は、印刷物と全く違いました。切り絵となる最後の線に、たどりつくまでがわかるのです。
どこまでも続きそうだと感じた世界も、覗き込むと本当に続いていて、こういうことだったのか!と嬉しいやら悔しいやら。
卒寿を迎えられてもなお、こびとや動植物と繰り広げる世界は、猫や藤城さんを支えられる方々がいらっしゃる中、黙々と剃刀を持つ藤城さんのアトリエの風景そのものに見えました。4月、5月と会場にお見えになるようですよ。

■藤城清治 光と影の世界展
期間:2014年3月21(金)~5月11日(日)
時間:9:30~17:30(最終入館は17:00まで)休館日:月曜日(5/5は開館、5/7は休館)
会場:福岡市博物館 福岡市早良区百道浜-1-1
料金:一般1400円 高大生800円 小中生500円
URL:http://museum.city.fukuoka.jp/exhibition/tokubetsu.html


【カタオカ】
by hitonochikara | 2014-04-11 04:11 | カタオカの日々 | Comments(0)
しがみつきかた
a0180552_0371027.jpg

まだ桜のつぼみが固い頃、九州コミュニティ研究所CRIKのみなさんと八人力でブレスト大会をしました。

テーマは、「八人力に期待すること」。
まず自分達が八人力ではなく他者であることをルールとして、CRIKの皆さんと各自ペアを組んでスタート!一回目は方向性、二回目は具体的な方法について、それぞれ15分ブレストト後プレゼンを行いました。CRIKの皆さんの新たな視点が加わり、これまでに出てこなかったアイデアがあふれ出ました。
それにしても、この15分2セットの短かく感じたこと。自分の反省点は、八人力であることを離れられなかった点。実現できそうなことを考え、小さく縮こまる自分を自覚しました。

「建築を捨てないでほしい」

ブレストするにあたって、耘野さんがくださったメッセージのひとつです。
これまでの活動を踏まえ今後を模索する八人力に向けて、やはり11人で建築に関わることをしてほしい、と再び熱を持ち始めるようなお話しでした。

同時に自分の中で浮かんできたのは「しがみつく」という言葉でした。
ものごとができない人間ほど「しがみつく」という考え方を聞いてから、自分の弱さを表しているようで、戒めのようにこの言葉を引っ張り出していたけれど、ちょっと待てよ。
他力本願じゃなく、しがみつこう。


【カタオカ】
by hitonochikara | 2014-04-04 04:04 | ハチニンリキ | Comments(0)
2014 別大マラソン
a0180552_064320.jpg

早めに済ませたい所用と合せて、先週末、別大マラソンの応援に行ってきました。

気温が高く、別府湾の向こうは何も見えないほどの霧。こんな中で走れるんだろうか・・・・
大分に向かうソニックが別府にさしかかったとき、沿道に多くのギャラリーの姿をキャッチしました。
おおお!やってる!行くぞーっ!
コースの中で目星をつけていた終盤、沿道の人が比較的少ない39キロ地点。
交通規制が始まり、広報車がトップの選手の知らせを運んできました。

ランナーは、どんなことを言って欲しいんだろう?
苦しいときに、頑張れ!なんて言われても、頑張ってるわい!と思うだろうか。
そもそも、私の声は届くのか・・・・。
そんなことは、考えませんでした。
私の持ち味はでかい声。うるさいくらいの拍手と声を届けようと決めていました。
ファイトーッ!頑張れっ!

はいっ!ありがとうーーー!
あと数キロの苦しい中で、そう返してくる何人かのランナーにこちらが元気をもらい(笑)、
最後の選手まで見送りました。
数年前、初めて走った5キロのレース。自分にとっては、ゴールが見えない長い距離でしたが、沿道の方々の力強い声援に支えられ最後まで走りきりました。
走ることも、応援することも、本気は誰かに届いているのです。
でも、ちょっと声出しすぎて・・・・ノドガイダガッタ・・・・(x_x)

【カタオカ】
by hitonochikara | 2014-02-11 08:51 | カタオカの日々 | Comments(0)
house isd 地鎮祭
a0180552_23582350.jpg

先日、約一年間の設計期間を経て、house isd が地鎮祭を迎えました。
ちょうど一年前の2月、Forzaさんのコンペでご縁を頂いたお客様です。

雨が今にも降り出しそうな空模様でしたが、願いが通じたのか、地鎮祭の時間はなんとか持ちこたえてくれました。
神主さんの清々しい祝詞に、施主様とコバヤシがきりっと続きます。
最後の締めは原口建設の原口社長と現場をみてくださる富田さんの掛け声。
良く通る声に気持ちを新たにし、土地の神様に挨拶と安全祈願をすることができました。

時間をおいて夜、お施主様が工事に携わられる皆様と親睦を深めるために開いてくださった顔合わせ会。せっかくなので地鎮祭の奉献酒を飲みましょうと、嬉しいご配慮を頂きました。
お酒が好きなお施主様にと、皆さんが選んでこられたお酒のラインナップは、壮観(笑)
おめでたい名前の一升瓶が4本並んでおりましたが、終わってみると1本を残して、ほとんど空っぽ!みなさん、日本酒を冷やで豪快でした。

【カタオカ】
by hitonochikara | 2014-02-07 08:55 | オシゴト | Comments(0)
house dbc の取材
a0180552_11484732.jpg

今年も最後の月、空気が乾いて冷たい季節の到来です。
まだ夏の名残ある9月、ASJ博多スタジオさんでご縁を頂いたhouse dbcの取材を受けました。ASJ会員のお客様に向けた小冊子の取材です。

取材に来てくださったSさんが誌面の写真撮影をしてくださいました。カタオカは取材を受けていらっしゃるお施主様とSさんの様子を逆取材(笑) お施主様手作りのパンとお料理を頂いて、昼すぎに始まった取材はあっという間に日暮れを迎えて、無事終了。
どんな記事になるんだろう…と、お施主様と首を長くして待つこと数か月、先日、小冊子ができあがり手元に届きました。

のびのびして、いい顔してる!
にぎやかな一日を思い出させてくれる記事と写真でいっぱいの誌面になりました。
取材中のSさんも、とてもいい顔をしてらっしゃったんです。その先にいらっしゃるお施主様とおしゃべりしながら、笑って、ちびっこカメラマンとファインダーのぞいてらっしゃるでしょ?

いつもあふれんばかりのおもてなしをくださるお施主様、
この度house dbcの取材でお世話になりましたASJ、ASJ博多スタジオの皆様、
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。
家づくりのエピソードや楽しい情報がもりだくさんの、この小冊子が気になられましたら、お気軽にASJ博多スタジオさんにお問い合わせください。

【カタオカ】
by hitonochikara | 2013-12-11 13:34 | オシゴト | Comments(0)
再びラジオ!-家と暮らしを考える33日-
a0180552_19315694.jpg

10月末より参加させて頂いておりますFORZA LIMITED MUSEUM 2013のお知らせで、コバヤシがRKBラジオに出演させて頂きました。二年前のKAB九州建築家バトル2011のお知らせに続きまして二度目。今回はFORZA リノベーション事業部 東口家寿子さん と二人で出演です。
私カタオカは、ライブカメラとにらめっこ。この日の番組のテーマ、お鍋とビートルズと合わせて話はにぎやかに締めくくられました。家づくりは鍋のようにいろんなものが詰め込まれているとパーソナリティーの方のお話し。ふむふむ、鍋を作ると人が集まってくる家、いいですねぇ~♪ 今年まだ鍋食べてないな・・・・あんこう鍋、すき焼き、食べたい・・・・(T_T)

会場では、1週間に2、3回ほど、家づくりや暮らしに関するセミナーや講座を行っています。すでに参加申し込みが定員に達しているものもあるようですので、お早めにお申し込みください(^-^)

■FORZA LIMITED MUSEUM 2013
 家と暮らしを考える33日
 期間:10月23日(水)~11月30日(土)
 時間:10:30~19:30
 会場:博多リバレイン イニミニマニモ2F(福岡市博多区下川端3番1号)
 URL:https://www.forzakyushu.com/event/museum.html

【カタオカ】
by hitonochikara | 2013-11-10 19:42 | オシゴト | Comments(0)
イニミニマニモで家づくり
a0180552_1624539.jpg

10月も後半です。
早いもので金木犀が甘い香りを放つ季節になりました。

お世話になっているFORZAさんのイベントに参加させて頂いております。

家づくりってどうやるの?
どこにもない世界にたったひとつの家を作りたい!
自分達の希望って、聞いてもらえるのかな・・・・・・

会場には、実際に建てられた住宅の模型や写真、建築家のお勧めする本など展示しています。また、家づくりに関するワークショップやセミナーなど、参加型のイベントも盛りだくさんです。中洲や天神におでかけのついでに、ぷらっと遊びにいらしてください。

■FORZA LIMITED MUSEUM 2013
期間:10月23日~11月中旬(予定)
時間:10:30~19:30
会場:博多リバレイン イニミニマニモ 2F(博多区下川端3番1号)
URL:http://www.forzakyushu.com/event/museum.html

【カタオカ】
by hitonochikara | 2013-10-24 16:27 | オシゴト | Comments(0)
スポンジと月
a0180552_15572872.jpg

ゴールデンウィークが終わり5月中旬に入りました。
連休はざまの平日、お客様が人の力設計室まで、打合せに来て下さいました。この日の打合せのメインは、打合せ後の飲み!ではなくて、どんなキッチンが欲しいのか、収納スペースをメインに、ワークショップで確認です。

・鍋やフライパンはコンロの下に収納したい。
・良く使う調味料は小分けしてコンロのすぐ近くがいい。
・洗い物のときの床に落ちる水しぶきが気になる・・・
・スポンジはどこに置いたらいいんだろう?
・これ、コンニャク???

コバヤシの書いた絵に、ツッコミありがとうございます(笑)
ブラームスの交響曲を聞きながら、暮らし方を考えるところにも話は及び、あっという間に2時間がたっていました。

打合せ後、お疲れ様でしたとお酒を交わしたとき、「月を見る」ことをお聞きしました。仕事が終わられて帰り道に月をご覧になるとのこと。
帰り道に見る月は、独特の角度で見えるんです、と話してくださったときのことが心に残り、酔いの回り始めたコバヤシと月について話しながら事務所に戻りました。
低いところに見える大きな月。
最近そんな月を見てないなぁと思った事務所からの帰り道、少し大きめの月が低いところに見えました。24時を廻っていましたがその日は八十八夜、半月くらいの形のスポンジボブよりも濃い目の月は、その日のことを包み込むような卵の黄身のような色でした。

【カタオカ】
by hitonochikara | 2013-05-10 16:11 | オシゴト | Comments(0)
パッシブ住宅と省エネルギー
a0180552_16403820.jpg

先日、プロトハウスさんからご紹介頂いた、「パッシブ住宅作り実務講座」に行ってきました。2020年までに、新築住宅等の段階的な省エネ基準適合義務化の実行をされることが、国土交通省からすでに発表されています。地球温暖化対策を促進するため、「努力」義務だった省エネ基準が「適合義務」化に向けて動き出しています。

お話は、断熱性、気密性、透湿性と始まり、換気、熱、風、そして、住宅のボリュームから数値計算する消費エネルギーのシュミレーションまで及びました。省エネに特化した住宅の予算は決して安いものではなく、クリアする省エネ基準の数値や計算式は様々ですが、ご家庭の光熱費に換算することでお客様の理解を得るケースがあるそうです。

さて、このところ寒い日が続きましたが、久しぶりに春らしい陽気の週末でした。
窓を開けて掃除をしていると、雷が鳴り大粒の雨が降ってきました。部屋の中に湿気がたまり始めた気がして窓を一旦閉めたのですが、すぐに開けました。
窓を閉めて気がついたのですが、ラジオの後ろで、雨音が心地良く聞こえていたようです。
そのうち、雨の音の中に金属に何かがあたるような高い音が混ざり始めたのでバルコニーに出ると、小さな雹がかけらになって落ちていました。

変わり続けるものを知り、本当に必要なものを考えながら、目の前にあるものを感じたいと思いました。今週は好天続きの1週間です。

【カタオカ】
by hitonochikara | 2013-04-18 08:37 | オシゴト | Comments(0)
動く
a0180552_21131799.jpg


先月半ば、長崎で基本設計をさせて頂いた住宅の内覧会に行ってきました。
八人力でご縁を頂いた喜々津ホームさんのお客様です。

奥行きのある土地に新しく建てる家は、どこにいても太陽の光が入って深呼吸ができるような家にしたい。お客様と初めてお会いした時にお聞きしたご希望でした。

調湿性豊かでコテ目の柔らかい塗り材と足に木脈と弾力が伝わる板材。喜々津ホームさんが厳選してお客様にご提案し続けてこられたものの数々が、春の陽差しと風を含んでいました。

誠実に時間を積み重ねたものに、人の気持ちは動く。

離れるのが寂しくなった土曜日の夕方でした。

【カタオカ】
by hitonochikara | 2013-04-06 21:23 | ハチニンリキ | Comments(0)