人気ブログランキング |

人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ:クイシンボウ ( 35 ) タグの人気記事
たくましい野菜に囲まれて
いつも不思議に思う。
丁寧に描かれた生活が目の前で起きていて、まるで映画のようだと。

設計と工事を通して、その人生に少しだけ関わらせてもらって、その人の思考をトレースして線を引いて。
対話を通して時間の許す限り細かく丁寧につくる。
私達がその人達と時間を共有できるのは人生で見たら一瞬でしかない。だからこそできることがあると信じている。
毎回撮影ではそれまで考えてきたことを、そこから始まった生活が軽々と飛び越えてゆく感動を知る。

a0180552_16475947.jpg
【kwk】の撮影は畑や野菜そして調理器具や料理と存在感のあるものたちが、針金さんを誘惑したのでしょう。ブツドリ?(物を撮影すること)でしか見たことない装置が登場して面白そうにシャッターを切っていました。
針金さんの気持ちわかるなぁ。今ブログを書きながら、PCの隣には朱い南瓜が堂々としています。ちぎれた蔓の部分が書のように激しくうねっていて、しばらく眺めていたくて事務所に置いてありますもの。


【コバヤシ】
K様、今回も美味しいお料理をありがとうございました。いただいた野菜も自分の腕があがったと勘違いするくらい美味しかったです。御礼申し上げます。


by hitonochikara | 2019-09-18 09:18 | オシゴト | Comments(0)
雨の庭とワイン
a0180552_16074370.jpg

ヒトチカの点検は季節が巡るように、1年+αの間隔で伺っています。
せんだって【imr】の4年点検を行ったのですが、訳あって+αどころかいっきに年をまたぐことになりました。と言うのも、庭のお披露目とタイミングを合わせたかったからです。小雨の降る中、作庭してくださった造園家の浦田さんプロトハウス事務局さんと一緒に点検がはじまりました。

背の高いジューンベリーの枝葉が、直射を和らげて他の木々を守る配置。シンボルツリーにも植生の仕事があることを学びました。そして足元には季節ごとに咲くであろう草木たち。奥様の「庭に目を落してから通勤するようになった」という一言に、すでにその効果が起きているようでした。

そして点検の後はお願いしていた点検酒盛り!美味しい料理とワインが拍車をかけます。
再会と新しい出会いの喜びを祝っておおいにはしゃぎました。


【コバヤシ】
I様、いつも酔っ払いが押し掛けるような点検になってしまってすみません。おかげさまで休息を取ることができ間した。ありがとうございました。


by hitonochikara | 2019-05-01 05:01 | オシゴト | Comments(0)
たけのこざんまい

a0180552_01223153.jpg
気がつけばあっという間に半年が経って、春。
【goj】の半年点検へ伺いました。
幸いに大きな問題もなく、写真は再会を祝って点検ランチです。

今の季節と言えば筍!筍三昧です。
しかしどれも筍だらけにならない絶妙なバランスで、旬の味をいただきました。
ご実家のしげちゃんでお父さんの料理を見て育ったNさん、さすがであります。

ご飯を頂きながら、生産者のこれからの話になりました。
SNSがネットワーク社会を加速させる現在、個人と個人は間接的にどこまでもつながります。今だからできる、生産者とつながり方、製作者とのつながり方があるように感じてなりません。デザインの力で面白おかしくできないだろうか。

最近のヒトチカはそんなことを考えています。


【コバヤシ】
G様、お土産にいただいた筍と夏みかんも美味しく頂きました。
いつもありがとうございます。次は蛍の季節に!



by hitonochikara | 2019-04-17 04:17 | オシゴト | Comments(0)
再会という名の御馳走

a0180552_05424022.jpg
道路に浮かぶ逃げ水のように2週間先に休日はあって、延々と走り続けているヒトチカにとって、点検は休日のように穏やかな側面があります。


会いたかった家と人に会い、不具合がないか確認しながら暮らしぶりを伺う。
そして持ち寄ったご馳走とお酒があっという間に時計の針を回す。
やはり私達は人が好きで、建築は生活の背景であってほしい。


写真は【tir】の点検BBQから一枚。
Yさんがこだわりぬいて焼いたお肉をみんなでペロッとタイラげました。
やはり休日と呼ぶわけにはいかないけれど、点検はヒトチカにとって大切な充電日です。


【コバヤシ】
Tさん、いつも趣向を凝らした点検酒盛りを催してくださりありがとうございます。


by hitonochikara | 2018-10-31 22:31 | オシゴト | Comments(0)
ソルダムな梅雨
a0180552_23125198.jpg
雨が強く降ったと思えば、かあっと陽が照る今年の梅雨。
【goj】の現場では天気の様子を伺いつつ、大工さんが外壁板にスクリュー釘を打込む日々。板張りも終盤にさしかかった頃、G様からすももの差し入れをいただきました。

果肉が透ける鶯色のソルダムという種類のすもも。
ひと切れ口に運ぶと、収穫して間もない果肉は硬くしまっていて、甘みと一緒に酸味が体中に広がりました。汗がひくような酸っぱさ!美味しい!

帰って数日後、お土産にどうぞと頂いたものを white lotus にのせて、ひと休み。
熟れて赤みが増した果肉へ包丁を入れて、したたる果汁をこぼしたくなくて、white lotus にのせる前にぱくり。あの日とは違う甘さになっていました。爽やかで、美味しい~!

G様、大切に育てられたすももをご馳走様でした。ありがとうございました。酸っぱいのも甘いのも、どっちも美味しくて手が止まりませんね。


【カタオカ】

by hitonochikara | 2018-06-27 22:57 | オシゴト | Comments(0)
おやつのじかん

【kwk】の現場は、定例会議がだいたい午後3時からはじまります。いつも最初にするのは「進捗報告」でなくて、棟梁や電気屋さんと一緒に「おやつを食べる」こと。

この日の定例は、蒸篭に入ったおやつが運ばれてきて、中には…

a0180552_15493388.jpg
施主様お手製のスコーン!!
食材本来の味が引き立っていてうま~い!しかもヴィーガン(動物性タンパク質をつかわない)仕様となっていて、身体に優しい味。棟梁も監督も無言でもぐもぐやっていますが美味しいのでしょう、ほおばり方がちがう(笑)。

それから温かいお茶をいただいて、お腹がおちついたところで進捗報告がはじまるわけです。


【コバヤシ】
K様、毎週毎週おやつを用意してくださり、本当にありがとうございます。


by hitonochikara | 2018-04-04 04:44 | オシゴト | Comments(0)
笑顔の数と乾杯の数

a0180552_18481657.jpg
人の生き方は千差万別だから、多様な価値が受け入れられる、そういう時代であってほしい21世紀。可能ならば、笑顔と乾杯を集めて生きてゆくことをのぞみます。

この日は縁のある人たちで集まって、縁をつなげてくださった方のお祝いの席でした。

サプライズに吹かれた低音パートによるバースデーソング。
一品一本持ち寄ったお料理とお酒たち。
ご家族の味と空気が集まってはしゃいだ、気持ちの良い時間でした。


【コバヤシ】
K様、3回目のはたち、おめでとうございました。
T様、会場から演奏、しきりやらを引き受けてくださりありがとうございました。
I様、朝積みの葡萄で飲むワインという贅沢!ありがとうございました。
Y様、演奏から子守りまで、諸々のサポートをありがとうございました。
K様、さっと合わせて盛り付けた凛とした味、ありがとうございました。



by hitonochikara | 2017-09-27 09:27 | オシゴト | Comments(0)
床塗りのご褒美

a0180552_16084818.jpg
ハダパレの学生が助っ人に来てくれたおかげで、早く終わった床塗りの後は…
そう、【isd】名物! 居酒屋コーーーージ!!

毎度のことながら、陽が沈まないうちにゆっくりと呑みはじめます。
写真は「おとなの焼肉」と銘打たれた一品。

なぜにトマトなのか?
このあとに判明するのですが、汗をかくトマトがなんとも涼しげで、ビールがすすんでしまいます。

点検で訪ねるたびに嬉しく思うことがあります。
それは、丁寧な暮らしがうかがえること、です。

大切に手入れをされている部分。
暮しの変化に合わせて変化する使い方。
そして当初のコンセプトを継続した暮らし方。

そういった生活の柄が積もった「丁寧」をうかがえることは、設計冥利につきます。

と、かたい話はこれくらいにして…

この焼いたトマトは、焼肉のつけだれの中でほぐします。
そこに焼いたお肉をつけて一緒に食べると…
「ぐぬおおおおお、なんで今までやっていなかったのか?」
とうなるヒトチカとハダパレ。

「そして「おとなの」だから数枚食べたらおわり。次の出すよ!」
という大将の衝撃発言とともに、みんなでカウンターへ移動しました。


【コバヤシ】
I様、このたびも美味しいお酒とお肴をありがとうございました。
キリン、ジョージ、大変助かりました。そして美味しかったでしょ!?


by hitonochikara | 2017-09-20 09:20 | オシゴト | Comments(0)
5年目の節目として

a0180552_15475511.jpg
アフター点検を行う目安は1年、3年、5年、そして瑕疵担保責任の10年が一般的だったりします。ヒトチカの点検は、その後の暮らし方を研究したく、毎年点検と称してお邪魔させていただております。時にはご馳走になったりして甘えっぱなしな訳で、負担になっているのではないだろうかと危惧しておりました。

そんなこともあって最初に5年点検を迎えた【mnk】のM様と点検BBQをいただきながら、今後のことについてお話ししました。


「ふつう次って10年点検になっちゃうんですよ。でもヒトチカ的にはできたら…毎年顔を拝見したいし、暮らしの変遷も観察したいと思ってるんです。」

「へぇ~ふつうはそうなんだ。でもうちは毎年でも大丈夫だよ!っていうか、飲みにおいでよw」

「いいんですか?ほんとにいいんですか?ありがとうございます!!」


こんなことをやっていたら点検と酒盛りばかっかりで、仕事になるのか一抹の不安は残りますが、設計者としてできる限り、その後の暮らし方を応援していきたいと思います。

それにしても3兄弟が大きくなりました。最初に会ってから7年経つわけで当然ではありますが、大人の会話もできるようになってきて、ちょっと嬉しい。


【コバヤシ】
M様、本点検もご馳走様でした。ありがとうございました。
お言葉に甘えて来年も伺います!よろしくお願いいたします。



by hitonochikara | 2017-08-16 08:16 | オシゴト | Comments(0)
ディテールとして -暮しの観察-

a0180552_05435568.jpg
ある休日の晴れた日でした。
施主様のご厚意で、お昼ご飯を頂きながら、実施設計の打合を行いました。

その準備仕度が丁寧で、生き方を表現されているような一挙一動。
だから食卓を囲んでのお昼ご飯は、ゆっくりゆっくりと咀嚼しました。

この味に至るまでの細かく遠い過程を想像してしまいます。
調理の段取りもさることながら、庭先にあった苗床。あぜ道の先にあった自然農の畑。
つまりコンセプトである「苗床から食卓まで」を観察し、身体で味わったからでした。

この仕事の面白さを人に聞かれたら、答えられずにはいられません。『「自分以外の人生について、観察して考えて、住む場所をつくってもいいよ。」と、言ってもらえること。』でしょう。


【コバヤシ】
K様、無言でもくもくと食べてしまいました。頂いた豆達は翌日の朝ごはんになりました。
大変美味しかったです。ありがとうございました。



by hitonochikara | 2017-06-21 06:21 | オシゴト | Comments(0)