人の力設計室の活動日記です。
by hitonochikara
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
オシラセ
ジコショウカイ
ゴアイサツ
オシゴト
コバヤシの日々
カタオカの日々
ハチニンリキ
ハダシ・デ・パレード
タビサキの日々
ローカルディテール
サイガイジョウホウ
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
タグ
(342)
(65)
(36)
記事ランキング
外部リンク
ヒトノチカラノニッキ
タグ:レクチャー ( 30 ) タグの人気記事
talk bar 第4回 森詩央里 のお知らせ

a0180552_01404706.jpg
九州産業大学の福山秀親先生が企画する『talk bar かたるきくかんがえる』の第4回語り部は、ハダパレのもりしおが話してくれるそうです。

彼女はチーム・マジョのメンバーで4年前に卒業生して、現在は横浜にある設計事務所のオンデザインに勤務しています。学生時代は「歴史的空間再編コンペティション」や「福岡デザインレレビュー」に入賞などと、ほぼ製図室に住みながら結果を出すという、目を三角にして闘う熱い子でした。

さて、どんな話になるのでしょう?進行の清水さんは現役ハダパレ生で、チーム・調査兵団の3年生、ちょうど進路に悩む年頃です。当時を振り返りながら、学生に熱いバトンを渡してほしいです。


■talk bar かたるきくかんがえる

第4回語部: 森詩央里「まんなかではたらく」
日時:2017年11月10日(金)18:30(開場) 19:00(開演)
場所:九州産業大学北門カフェ立花 (JR九産大前駅側北門入ってすぐ左手のカフェです)
料金:無料

プロデュース:月と塾
進行:清水史子
協賛:九州産業大学建築都市工学部商環境デザインゼミナール


【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2017-11-01 11:01 | ハダシ・デ・パレード | Comments(0)
堀部安嗣の講演会「建築というリレー」のお知らせ

a0180552_17525843.jpg

堀部さんと言えば、手描きの図面は淡い色彩。そこから立ち上がるしっとりと暗い空間。

講演のタイトルから推測するに、和の抽象性と西洋的近代の融合、世代を越えたバトンなど、堀部さんの答えを伺えるのでしょうか。
ハダパレの学生達も色めき立っています。

生で堀部さんの言葉を聞くチャンスがやって来ました。
近道なんてない。


■堀部安嗣「建築というリレー」/ オープンセミナー2017「住まいとインテリア」
日時:2017年7月5日(水) 16:20〜17:50
会場:九州産業大学1号館2階S201教室
会費:無料
申込: http://www.onvisiting.com/2017/06/07/fukuoka-20170705/

一般の参加希望者は7月4日までに氏名、所属、参加人数をご記入いただき、上記へお申し込みください。空席がある場合は当日参加可です。


【コバヤシ】



[PR]
by hitonochikara | 2017-06-28 06:28 | オシラセ | Comments(0)
仲俊治の講演会「2つの循環」のお知らせ

a0180552_03234583.jpg
3年前、雑誌で『食堂付きアパート』を見た時の「自分がやりたかったことをやっている」衝撃は今でも覚えていて、去年実際に訪れた時に「ディテールまで落し込まれたプログラムと空間の一致」を目撃し、勇気と焦燥をもらいました。

その仲さんが九産大にやってきます。あろうことか私は出張で聞くことができませんが、必聴のイベントです。併せてABC建築道場の展「崩壊」も行っていまして、同日の14時から仲さん講評による公開しゅうまいもあるようです。入場無料です、ぜひおこしください。

■仲俊治「2つの循環」 / 九産大建築レクチャーシリーズvol.26
日時:2017年6月17日(土) 16:00~18:00
会場:九州産業大学8号館3階プレゼンテーションルーム
会費:無料

■ABC道場の展「崩壊」
日時:日時:2017年6月12日(月)~17日(土) 10:00~17:50
会場:オープンカフェ・たちばな
入場料:無料

■公開しゅうまい「2つの循環」
講評:仲俊治 矢作昌生
日時:日時:2017年6月17日(土) 14:00~16:00
会場:九州産業大学8号館3階プレゼンテーションルーム
入場料:無料



【コバヤシ】


[PR]
by hitonochikara | 2017-06-14 06:14 | オシラセ | Comments(0)
満員御礼

a0180552_03415168.jpg
イベント『talk bar かたるきくかんがえる』は、おかげさまでたくさんの方がご来場くださりました。この場を借りて御礼申し上げます。
初回ということもあって手探りで進める展開で、スライド資料はほとんど使わず、ライブ感を重視した90分でした。

talk barの根幹には、福山先生が示唆する「学生よ、もっと自由に働け、自由に生きろ!!」があります。先生はもっと過酷な環境に飛び込んで欲しいようで、挑発するようにエールを贈っていました。

しかしながら過酷な環境はやっぱり過酷でして、重労働や低賃金は人生を逼迫します。
それでも耐えて努力が維持できるためには、自力でエンジンが回せる事が肝要。レクチャーでもお話ししましたが、ハダパレの学生で、卒業後も努力が維持できているのは「自分でエンジンを回せている」人でした。

だからハダパレでは、褒めて褒めて褒めまくりながら、その人のエンジンを一緒に回しています。自転車に乗る練習に似てますね。補助輪代わりに後ろで支えながら一緒に走るあれです。

【コバヤシ】
最後になりましたが、企画と運営してくださった福山先生、豊君、福山研究室の皆さま、ハダパレのみんな。濃密な時間をありがとうございました。自分の活動を客観的に認識する機会になりました。

確かにヒトチカの仕事は、その人が大切にしているものを、対話して共有し、掘下げてつくる仕事です。


[PR]
by hitonochikara | 2017-06-07 06:07 | オシゴト | Comments(0)
talk bar 第1回 小林哲治 のお知らせ

a0180552_14475022.jpg


九州産業大学の福山秀親先生が企画する『talk bar かたるきくかんがえる』の第1回語り部として、僭越ながらコバヤシがお話させていただきます。

内容は、建築にまつわるこれまでの活動や仕事について。企画の趣旨である「学生が就職や生き方を幅広く考えられる」よう、一前例としてやらかした半生をお話しします。

このところ福山研究室の学生さんに密着取材を受けておりまして、インタビューされたり動画を撮影されたり、時間をかけて準備をしています。この取材をベースにしてトークを構成するらしく、ふつうのレクチャーと勝手が違うもよう。さて、どんなbarになるのでしょうか?私も楽しみです(サキガヨメナイ…)。

入場無料ですので、興味のある方はぜひお越しください。
よろしくお願い申し上げます。

■talk bar かたるきくかんがえる

第1回語部:小林哲治「はたらくをいきる いきるをあそぶ」
日時:平成29年6月2日(金)18:00(開場) 18:30(開演)
場所:九州産業大学北門カフェ立花 (JR九産大前駅側北門脇)
料金:熱き志

プロデュース:月と塾
作・企画:福山ヒデチカ
取材・進行:豊康範
協力:人の力設計室 + ハダシ・デ・パレード
協賛:九州産業大学建築都市工学部商環境デザインゼミナール



【コバヤシ】



[PR]
by hitonochikara | 2017-05-31 05:31 | オシラセ | Comments(0)
川俣正の講演会「建築とアート」のお知らせ
a0180552_23584024.jpg

学生から芸術家の川俣さんが来ると聞いたとき、信じられなくて三度聞きしてしまいました。川俣さんは「ワーク・イン・プログレス」と言われる、世界中の街や廃墟で、現地の人たちと一緒に何かを少し足していく活動をしています。

実際に会って話をきける機会なんて、最初で最後でしょう。
今週末のイベントですが、このチャンスは逃したくない。

■川俣正「建築とアート」/ 九産大建築レクチャーシリーズVol.23
日時:8月6日(土)15:00~17:00
場所:九州産業大学2号館1階円形ホール
会費:無料


【コバヤシ】
[PR]
by hitonochikara | 2016-08-03 23:23 | オシラセ | Comments(0)
月刊二人力 2016年03月号
八人力2月定例会議は久しぶりにスタディミーティングです。
ダイスプロジェクトの橋爪さんに、設計事務所でありながらも複合的に他ジャンルの方々を巻き込む橋爪流ヴィジョンの設定と遂行方法について、レクチャーしていただきました。

a0180552_150949.jpg

街から退屈をぶっとばしている先輩のキーワードは「誰が主体者になるか」「テーブルのセッティングと調整」「リアリティのためのプレヒアリング」の3つ。

現在の日本は専門領域の細分と縦割りが進み、閉塞感の強い社会になってしまいました。それを理由に面白いことができないと、あきらめるは簡単です。
が、ダイスさんのように、設計のノウハウを応用しながら街をデザインしている集団がいるわけで。
改めて、できる理由を模索することが大切だと、悩める八人力の様子を書いたカタオカ記事を読んでみてください。


■written byコバヤシ 
・八人力版築部 / 「「お地蔵さんの家」えっ?! 塗装もするのだ???」

■written byカタオカ
・イベント・レクチャーレビュー / 「橋爪さん どうにかして!!」


【コバヤシ】
[PR]
by hitonochikara | 2016-03-18 15:18 | ハチニンリキ | Comments(0)
竹口健太郎の講演会「建築の三次元性について」のお知らせ
a0180552_1594099.jpg


毎年卒業設計の講評会に来てくださる方々は、本年度の建築レクチャーシリーズのゲストスピーカーと福岡で活躍する若手の建築家で構成されているそうです。

その最後のレクチャーが講演会の前に行われるわけですが、今年は京都の竹口健太郎(アルファヴィル)さんです。ヒトチカの課題になっていた、三次元的な設計手法について、なにかヒントが掴めれるのではないかと、期待して参加してきます。

■竹口健太郎「建築の三次元性について」 / 九産大建築レクチャーシリーズvol.21
日時:2016年2月7日(日) 10:30~12:30
会場:九州産業大学2号館1階円形ホール
会費:無料


【コバヤシ】
[PR]
by hitonochikara | 2016-02-06 02:06 | オシラセ | Comments(0)
葉祥栄の講演会「Aesthetics and Ethics part2」のお知らせ
a0180552_12183640.jpg


想像をはるかに超えた展開で時間切れに幕を閉じた、あの講演会の続編が決定したようです。
あのまま続いていたら、本当はトポロジーにまで話が展開するはずったらしい…?
ギリギリになってしまいましたが、とりいそぎ告知いたします。

■葉祥栄「Aesthetics and Ethics part2」
日時:12月7日(月)18:00~19:30 
場所:九州産業大学2号館円形ホール
会費:無料
※講演会の聴講は無料ですが事前に申込が必要です。12/4(金)迄にお申込ください。
※空席がある場合は当日参加可
[参加申込・問合]
九州産業大学工学部住居・インテリア設計学科事務室 担当:中村
mail:a-kazuko@ip.kyusan-u.ac.jp
tel:092-673-5770
fax:292-673-5094


【コバヤシ】
[PR]
by hitonochikara | 2015-12-02 23:23 | オシラセ | Comments(0)
ともすれば 同じく考えている人と目が合う
あの日、お話を直接聞けるのはこれが最初で最後かもしれない。と、私は万全の状態でレクチャーへ挑みました。

a0180552_1736529.jpg


はじめに福山先生の気合の入ったスライドショーと心を締め付けられる演出で、その感動はあの会場の誰よりも葉さん本人にあっただろうと思われ。心を打たれての登壇は、数秒、数秒、言葉をつまらせつつゆっくりと語りはじめたのでした。

「無数にある解答の中に、見たことのある解答と見たことのない解答がある。僕は後者を目指した。」

考え続けた人の言葉はシンプルですが息をするように入ってきます。
そのまま一気に終盤まで語りつづけ、疲れたからと質疑をはさんだものの、応答しているうちにまた思考が加速していく…その様は圧巻の一言でした。この流れで講義の時間が過ぎてしまうものの話が止まらない葉さん、そわそわしだす学生(次の授業がある)、食い入るように聞き続ける一般参加者達(もっと聞きたい)。司会者のうながしにやっと気づいて締めようとしたら、聴衆より更なる問答がはじまる。てんやわんやの展開で、その全てが葉さんらしく、これが葉祥栄の人生なんだと感じました。
予定調和のまったくないレクチャーで、今までたくさん聴講してきましたが屈指の回だったと思います。

僭越ながら質問の機会をいただき「葉さんの目には何が映っていたのか。どんな本を読み、どんな人に会い、どんな24時間を過ごしてきたのか。」を聞くことができました。

葉さんの答えは「夢(ヴィジョン)を持ち考え続けること、その意識はともすれば同じく考えている人と目が合う。そうやって問題をクリアして行きながら、どれだけ恣意性をサポートできるかだ。」


【コバヤシ】
[PR]
by hitonochikara | 2015-11-13 11:13 | コバヤシの日々 | Comments(0)